SCORE CARDBACK NUMBER

CRTマシン混走で、
新時代を迎えるモトGP。
~問われる最高峰クラスの在り方~
 

text by

遠藤智

遠藤智Satoshi Endo

PROFILE

photograph bySatoshi Endo

posted2012/01/09 08:00

CRTマシン混走で、新時代を迎えるモトGP。~問われる最高峰クラスの在り方~<Number Web> photograph by Satoshi Endo

昨季は勝利こそなかったが、随所で可能性を見せたスズキ。それだけに休止は惜しまれる

 長期化する世界経済の低迷の中で、モトGPの参戦体制を2台から1台へと縮小させていたスズキが、'12年から2年間の参戦休止を決めた。そのほかにも、資金繰りの厳しさから1台体制にするチームがいくつかあり、今季のモトGPクラスに参戦するワークスマシンは、計12台と過去最低の台数となる(ホンダ、ヤマハ、ドゥカティの3メーカーがそれぞれ4台ずつ)。

 '08年にはカワサキが撤退。それに続くスズキの縮小/休止に代表されるように、モトGPクラスはこの数年、慢性的な参加台数の不足に悩んできた。グランプリを運営統括するドルナはその問題を解消するために、これまでプロトタイプのマシンのみで戦ってきた最高峰クラスに、今季から量産車のエンジンを搭載するCRTのマシンを参加させることにした。

この記事は有料会員限定です。
有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

スズキ
ホンダ
ヤマハ
ドゥカティ
カワサキ
BMW
アプリリア

MotoGPの前後のコラム

ページトップ