マラソン 

大迫傑が『Sugar Elite』で狙うこと。「とにかく背中を見せていきたい」

大迫傑が『Sugar Elite』で狙うこと。
「とにかく背中を見せていきたい」

オリンピックPRESS

「オリンピック前の大事な時ではありますけど、今だからできることだし、今までされてなかったことだからこそ、(自分が)やるべ…続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2020/07/21

最終走者となったMGCで変わった岩出玲亜のマラソン人生。

才色健美な挑戦者たち

最終走者となったMGCで変わった
岩出玲亜のマラソン人生。

マラソンで東京オリンピック出場を狙うため、実業団を離れ、プロへと転向した岩出玲亜。臨んだ昨年のMGC(マラソングランドチャ… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2020/07/08

『わたし革命』何のために走るのか。非エリートの自間の軌跡。

オリンピック名著探訪 「五輪の書」を読む

『わたし革命』
何のために走るのか。
非エリートの自間の軌跡。

1992(平成4)年、バルセロナ五輪の女子マラソンをテレビ中継で観ていた。2位に入ったショートカットのランナーは、トラックを回… 続きを読む

後藤正治Masaharu Goto

有料

2020/06/17

増田明美を救ったブラジル名伯楽が説く、日本特有の悲壮感からの脱皮。

熱狂とカオス!魅惑の南米直送便

増田明美を救ったブラジル名伯楽が
説く、日本特有の悲壮感からの脱皮。

「細かすぎる解説」で人気の元マラソン・陸上長距離走選手、増田明美さんには、生涯忘れられない言葉がある。「アケミ、いつも苦… 続きを読む

沢田啓明Hiroaki Sawada

2020/05/20

MGCは日本マラソンの何を変えたか。瀬古利彦が語る影響、箱根との関係。

オリンピックPRESS

MGCは日本マラソンの何を変えたか。
瀬古利彦が語る影響、箱根との関係。

我々は自分たちの業界で自己満足するんじゃなく、みなさんに楽しんでもらって、マラソン選手になりたいなとか、そういう夢や影響… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/05/05

瀬古利彦が語るMGC成功の理由。長期的な練習、1億円、一発勝負。

オリンピックPRESS

瀬古利彦が語るMGC成功の理由。
長期的な練習、1億円、一発勝負。

「MGCがスタートした2017年の時点から、大迫選手や設楽悠汰選手が東京五輪に向けてマラソンの準備をしてくれた。これが非常に大… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/05/05

33年前、大迫傑よりも速いペースで。一緒に走って感じた中山竹通の殺気。

今日も世界は走っている

33年前、大迫傑よりも速いペースで。
一緒に走って感じた中山竹通の殺気。

『Sports Graphic Number』創刊1000号を記念して、NumberWebでも「私にとっての1番」企画を掲載します。今回はソウル五輪代表の… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2020/04/18

コロナ自粛の街で広がる親子ラン。我が子と一緒に楽しく走る秘訣は?

今日も世界は走っている

コロナ自粛の街で広がる親子ラン。
我が子と一緒に楽しく走る秘訣は?

自粛の影響だろうか、目に見えて増えたのが街角や公園で「走る人」たちである。あえて「ランナー」とは呼ばないでおく。その理由… 続きを読む

金哲彦Tetsuhiko Kin

2020/04/14

年齢を重ねても記録は伸ばせる!60代の女性マラソン世界一が語る極意。

Number Do Ex

年齢を重ねても記録は伸ばせる!
60代の女性マラソン世界一が語る極意。

「みんな燃え尽きちゃうのよ。私の場合も気づいたら同世代が走らなくなっていてね。そうしたら一番になれたの」 続きを読む

千葉弓子Yumiko Chiba

2020/03/30

箱根経験者が席巻するマラソン界。急激なレベルアップはなぜ起きた?

箱根駅伝PRESS

箱根経験者が席巻するマラソン界。
急激なレベルアップはなぜ起きた?

3年前、青学大の箱根優勝タイムは10時間57分39秒だった。それが2019年は、東海大が10時間52分09秒の大会新で優勝した。そして202… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/03/29

大迫傑は「感覚を信じない」。ランニングと科学の混沌とした未来。

Number Do Ex

大迫傑は「感覚を信じない」。
ランニングと科学の混沌とした未来。

「『走りの感覚』ってよく言いますが、僕はランニングにおいて感覚はそんなに重要じゃないと思うんです」 続きを読む

涌井健策(Number編集部)Kensaku Wakui

2020/03/25

五輪マラソン日本代表を目指し続けた千葉真子が振り返る競技人生。

才色健美な挑戦者たち

五輪マラソン日本代表を目指し続けた
千葉真子が振り返る競技人生。

東京五輪マラソン日本代表をめぐる戦いがついに決着した。MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)が導入され、2017年夏から… 続きを読む

林田順子Junko Hayashida

2020/03/11

マラソン代表、一山麻緒の原動力。ポジティブシンキングと鬼メニュー。

オリンピックへの道

マラソン代表、一山麻緒の原動力。
ポジティブシンキングと鬼メニュー。

この日の悪条件に対してもそうだ。「こういう日だからこそ、オリンピックを決めたら格好いいなと思って走りました」ポジティブに… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2020/03/09

大迫傑には自尊心と自重が同居する。東京マラソン、会心の完勝劇の裏側。

スポーツ・インテリジェンス原論

大迫傑には自尊心と自重が同居する。
東京マラソン、会心の完勝劇の裏側。

勝ち方も様々だが、スパート、仕掛けの方法によっては、相手に「この人には二度と勝てない」と精神的なダメージを与えることも可… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

2020/03/03

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。日本記録を生んだのはブレない心。

オリンピックPRESS

大迫傑が貫いた最強の「自分目線」。
日本記録を生んだのはブレない心。

大迫は、いつも「自分目線」でレースを展開する。ライバルを気にせず、常に自分が一番で走れるように集中しているのだ。それを追… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/03/02

東京マラソンは勝敗の前にタイム!大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。

オリンピックPRESS

東京マラソンは勝敗の前にタイム!
大迫傑の2時間5分50秒は切れるのか。

レース当日の気象条件にも左右されるだろうが、願わくば日本記録を更新し、圧倒的な強さを見せた選手が東京行の最後の切符を手に… 続きを読む

佐藤俊Shun Sato

2020/02/27

厚底OKで新星たちが躍動。激化するマラソン3枠目争い。~日本記録の更新も現実的?~

SCORE CARD

厚底OKで新星たちが躍動。
激化するマラソン3枠目争い。
~日本記録の更新も現実的?~

東京五輪イヤーの幕開けと同時に、風雲急を告げたマラソン界。ナイキ社製の厚底シューズを履いた選手が箱根駅伝で8割を超え、区… 続きを読む

矢内由美子Yumiko Yanai

2020/02/27

女子マラソンの3人目。~名古屋の方が大阪よりも有利?~

Number on Number

女子マラソンの3人目。
~名古屋の方が大阪よりも有利?~

東京五輪のマラソン代表、3人目の枠をかけて行われた1月26日の大阪国際女子マラソンで、松田瑞生が2時間21分47秒を出して優勝し… 続きを読む

小川勝Masaru Ogawa

有料

2020/02/26

大迫傑vs.設楽悠太、東京マラソン。2時間4分台、日本記録更新で五輪へ?

オリンピックへの道

大迫傑vs.設楽悠太、東京マラソン。
2時間4分台、日本記録更新で五輪へ?

2時間5分50秒の日本記録保持者である大迫傑、2時間6分11秒の歴代2位の記録を持つ設楽悠太が出場するからだ。「2強」の対決に関心… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2020/02/23

強さの要因は「厚底」だけではない。哲学者・キプチョゲのマル秘ノート。

オリンピックへの道

強さの要因は「厚底」だけではない。
哲学者・キプチョゲのマル秘ノート。

キプチョゲは練習の記録を欠かさず、ノートにつけていることもこれまでの取材で明かされている。しかも、十数年におよび、やめる… 続きを読む

松原孝臣Takaomi Matsubara

2020/02/09

ページトップ