草茂みベースボールの道白しBACK NUMBER

プロ野球12球団の「2番打者通信簿」
ハマるホークスとヤクルト、迷走は……。 

text by

小西斗真

小西斗真Toma Konishi

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2020/07/02 11:45

プロ野球12球団の「2番打者通信簿」ハマるホークスとヤクルト、迷走は……。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

2番“昇格”早々にホームランを放ったソフトバンク柳田悠岐。一気に攻勢を仕掛けるアグレッシブな展開を生んでいる。

坂本&丸からつながる岡本。

<巨人>
 昨シーズンから引き続き坂本勇人を置いているが、開幕からやや出遅れた3番の丸佳浩のリフレッシュのため、3試合入れ替えている。2人で打率.297、7打点、2本塁打。どちらが定着しても経験豊富なリーグMVP経験者から、絶好調の4番・岡本和真との相乗効果が期待でき、最強打者のグループに入れてよさそうだ。

<DeNA>
 アレックス・ラミレス監督は大方の予想通り、チーム最強打者である2年連続本塁打王のネフタリ・ソトに任せた。開幕3連戦は違ったのは、3番を打つはずのタイラー・オースティンがコンディション不良でベンチスタートとなったため。ソト、オースティン、佐野恵太の2、3、4番もソフトバンクと同じくクリーンアップトリオといえる。3人を起用して1打点、本塁打なしが気になるが、ソトは打率.351と状態に問題はない。

左右で使い分ける楽天、日ハムは長打力に。

『強打者』……“最”こそつかないが、信頼できる打者を置き、得点力を高めようとしているのは次の2球団。

<楽天>
  FAで獲得した左の鈴木大地と、選球眼が優れている右のジャバリ・ブラッシュを使い分けている。打率.308、9打点、1本塁打。三木肇新監督が目指す野球のキーポイントといえそうだ。

<日本ハム>
 開幕から大田泰示が不動だったが、10試合目に渡辺諒を起用。2人で打率.178ながら、7打点、2本塁打と期待の長打力は発揮している。

『つなぎ』……昔ながらの堅守&巧打のくせ者タイプを配しているのは2球団。

<広島>
 開幕3連戦で無安打に終わったために1試合だけ下位に下げたが、基本は菊池涼介。2カード目からは目を覚まし、5試合連続安打を放った。安部友裕と併せて打率.231、3打点、1本塁打。

<西武>
 山賊打線不動の2番は源田壮亮だ。打率.146、0打点と出遅れたが状態は上がってくるはず。この2チームに共通するのは強打の新外国人に1番を打たせていること。そして絶対の4番打者がいること。いかに好機を供給するかという意味では、つなぎも重要な意味をもつ。

【次ページ】 ロッテ以外はいずれも低迷……。

BACK 1 2 3 NEXT
福岡ソフトバンクホークス
柳田悠岐
東京ヤクルトスワローズ
山田哲人
読売ジャイアンツ
坂本勇人
横浜DeNAベイスターズ
ネフタリ・ソト
東北楽天ゴールデンイーグルス
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
オリックス・バファローズ
阪神タイガース
中日ドラゴンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ