スポーツ百珍BACK NUMBER

マンCは降格、ユーベは優勝剥奪!?
欧州サッカーの復活と没落の歴史。

posted2019/08/26 11:00

 
マンCは降格、ユーベは優勝剥奪!?欧州サッカーの復活と没落の歴史。<Number Web> photograph by Getty Images

2000-01シーズン、ベッカム(右)らを擁してリーグ制覇を達成したマンU。一方、マンCは18位に沈み2部へ降格した。

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph by

Getty Images

「十年一昔」とは言うが、欧州サッカーで10年、20年前の話はもう「大昔」なんじゃないかと感じる。

 21世紀初頭は日韓W杯が開催される直前ということもあって、空前の海外サッカーブームだった。ベッカムの一挙手一投足に注目が集まり、フィーゴの“禁断の移籍”やジダンの世紀の移籍による「銀河系軍団」レアルが完成。ウイイレが飛ぶように売れ、ババンギダの知名度が妙に高かったあの頃と今を比べると、各国リーグの勢力図も大きく変わっている。

「あれ、このクラブ、こんな強かった(弱かった)っけ?」

 動画配信の進化によって、久々に現在の海外サッカーを見るという人は、時の移ろいを感じているのではないか。

 順位表を見るとCL圏内くらいまではお馴染みのメガクラブが並ぶ。

 ただそこから最近はこぼれ落ちた名門だったり、その座を奪い取った新鋭クラブも意外と多い。またかつてはリーグ優勝したこともあるクラブが、1部にすらいないといったケースもあるのだ。

 そこで4大リーグ(プレミア、リーガ、ブンデス、セリエA)とその他リーグの21世紀初頭と2018-19シーズン時点での順位やタイトル等を比較して、当時と今の「成り上がり・復活」、「停滞・没落」を位置づけてみた。

【次ページ】 オイルマネーで潤ったチェルシーとシティ。

1 2 3 4 5 6 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

チェルシー
マンチェスター・シティ
トッテナム
レスター
アトレティコ・マドリー
ドルトムント
ホッフェンハイム
ライプツィヒ
ユベントス
ナポリ
フィオレンティーナ
パルマ
インテル
ミラン

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ