著者プロフィール 

生島淳Jun Ikushima

1967年気仙沼生まれ。早大卒。NBAやMLBなど海外ものから、国内のラグビー、駅伝、野球など、全ジャンルでスポーツを追うジャーナリスト。小林信彦とD・ハルバースタムを愛する米国大統領マニアにして、カーリングが趣味(最近は歌舞伎に夢中)。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』(文藝春秋)、『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)、『監督と大学駅伝』(日刊スポーツ出版社)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)、『人を育てる箱根駅伝の名言』(ベースボールマガジン社)など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
ラグビーが“見えすぎちゃって”困る。映像技術は危険さを強調しすぎる?

スポーツ・インテリジェンス原論

ラグビーが“見えすぎちゃって”困る。
映像技術は危険さを強調しすぎる?

何事にも物怖じしないチェイカは、試合後の記者会見でこのW杯における重要な問題を提起した。レフェリーたちが、危険なプレーに… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー

2019/10/04

<ジョーカーが奪った逆転トライ>福岡堅樹の一撃。

Sports Graphic Number Special

<ジョーカーが奪った逆転トライ>
福岡堅樹の一撃。

急遽リザーブ入りした故障明けの快速ウイングは、途中出場の後半18分、襲いかかってくる相手を一瞬のスピードで振り切り、逆転の… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

有料

2019/10/04

アイルランドも日本も欺いた大勝利。弱点すら伏線にしたジェイミーの策。

スポーツ・インテリジェンス原論

アイルランドも日本も欺いた大勝利。
弱点すら伏線にしたジェイミーの策。

ひょっとして、われわれは欺かれていたのではないか? 2019年9月28日、静岡での歴史的な夜。日本は、アイルランドに勝った。19… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/09/30

<みずほフィナンシャルグループ Jump to 2020>朝原宣治「個々の力とチームワークの集積」

Sports Graphic Number Web

<みずほフィナンシャルグループ Jump to 2020>
朝原宣治「個々の力とチームワークの集積」

北京2008オリンピック陸上競技(男子4×100mリレー)のアンカーとして銀メダルを獲得し、歴史に名を刻んだ日本男子陸上短距離界… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2019/09/30

日本がアイルランドに付け入る隙は?攻守ともに完璧、超が3つ並ぶ難敵。

スポーツ・インテリジェンス原論

日本がアイルランドに付け入る隙は?
攻守ともに完璧、超が3つ並ぶ難敵。

スコットランドの記者は怒っていた。 「この2年間、前半20分の入りに課題を抱えていましたよね? エネルギー、それが今日も改善… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/09/28

エディー「君には弟がいるかね?」会見に感じたティア2国への敬意。

スポーツ・インテリジェンス原論

エディー「君には弟がいるかね?」
会見に感じたティア2国への敬意。

やっぱり、エディー・ジョーンズの会見は楽しい!キャッチーなフレーズがバンバン飛び出してくるし、なによりラグビーに対する見… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー

2019/09/27

歓喜と失望を与える「まるで悪女」。ラグビーW杯、フランスを愉しむ。

スポーツ・インテリジェンス原論

歓喜と失望を与える「まるで悪女」。
ラグビーW杯、フランスを愉しむ。

心が震えた。フランスとアルゼンチンのパッション、情熱に。23対21。フランス、薄氷の勝利。79分、アルゼンチンのモフェリがペナ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー

2019/09/24

ラグビーW杯で期待する“番狂わせ”。「4年前の日本」を再現するのは?

スポーツ・インテリジェンス原論

ラグビーW杯で期待する“番狂わせ”。
「4年前の日本」を再現するのは?

アップセット。日本語でいえば、番狂わせ。ラグビーワールドカップ(W杯)のプールステージのなにが面白いかといえば、アップセ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/09/19

<Portrait of KEYMAN>松島幸太朗「変幻自在の万能トライゲッター」

Sports Graphic Number Special

<Portrait of KEYMAN>
松島幸太朗「変幻自在の万能トライゲッター」

前回大会、生まれ故郷からの大金星に貢献した松島。4年を経た現代表ではバックス陣の核となり、躍動感の中にも冷静さを秘めたプ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

有料

2019/09/19

あの独立自尊の大迫傑が振り返った。MGC41.8km地点、衝撃の場面。

スポーツ・インテリジェンス原論

あの独立自尊の大迫傑が振り返った。
MGC41.8km地点、衝撃の場面。

勇敢と、無謀は紙一重である。設楽悠太の飛び出しは、勇敢だったのか。それとも、無謀だったのか。結果だけを見れば、無謀だった… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2019/09/17

世界強豪が日本に集うラグビーW杯。「因縁」がぶつかり合う注目対決は?

スポーツ・インテリジェンス原論

世界強豪が日本に集うラグビーW杯。
「因縁」がぶつかり合う注目対決は?

ラグビー・ワールドカップ(RWC)の開幕が刻一刻と近づいている。日本代表の仕上がりも気になるところだが、RWCは世界の強豪が一… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/09/11

まるで日本攻略のための「教則本」。ラグビーW杯直前の南ア戦は正解?

スポーツ・インテリジェンス原論

まるで日本攻略のための「教則本」。
ラグビーW杯直前の南ア戦は正解?

この試合、両軍の「動機付け」に差があったように思う。南アフリカからすれば、約2週間後にラグビーワールドカップでのオールブ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/09/09

「ヤマナカ、ダァッシュ」が初切符。ラグビーW杯戦士の選出で思うこと。

スポーツ・インテリジェンス原論

「ヤマナカ、ダァッシュ」が初切符。
ラグビーW杯戦士の選出で思うこと。

ヘッドコーチのジェイミー・ジョセフが、ラグビーW杯を戦う31人の名前を読み上げた。オールブラックス出身、正攻法を重んじる人… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/08/30

アメリカ名門大学での陸上と勉強。岡田健が体感した部活の日米差。

スポーツ・インテリジェンス原論

アメリカ名門大学での陸上と勉強。
岡田健が体感した部活の日米差。

今年の陸上日本選手権には、変化の兆しがあった。アメリカの息吹である。サニブラウンはFLORIDAというロゴが入ったユニフォーム… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

陸上

2019/08/21

唯一のゴールは五輪での「金メダル」。さくらジャパン監督が目指すもの。

Sports Graphic Number Web

唯一のゴールは五輪での「金メダル」。
さくらジャパン監督が目指すもの。

いま、ホッケー女子日本代表は、大きな変革を遂げている。2018年のアジア大会では初めての金メダルを獲得し、世界の強豪国とも互… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ホッケー

2019/08/21

麹町中が3年間で育てる「当事者性」。運動会の伝統をやめた感動的な経緯。

スポーツ・インテリジェンス原論

麹町中が3年間で育てる「当事者性」。
運動会の伝統をやめた感動的な経緯。

学校の最上位概念は、あくまで生徒ごとに最適化された環境の実現である。工藤校長は麹町中に赴任したとき、部活動の改革にも取り… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

その他スポーツ

2019/08/20

日本中が注目する麹町中学の改革。工藤校長が語る、教育の最上位目標。

スポーツ・インテリジェンス原論

日本中が注目する麹町中学の改革。
工藤校長が語る、教育の最上位目標。

千代田区にある麹町中学。国会議事堂からも近いこの学校は、かつては「麹町中→日比谷高→東大」という戦後社会のエリートコース… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

その他スポーツ

2019/08/20

「最強」の青学が箱根で負けた理由。東洋、東海が全てをかけた4区勝負。【2019年上半期 陸上部門1位】

スポーツ・インテリジェンス原論

「最強」の青学が箱根で負けた理由。
東洋、東海が全てをかけた4区勝負。
【2019年上半期 陸上部門1位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第1位はこちら! 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2019/08/19

「山の神」はやっぱりしぶとかった。今井と神野はなぜ生き残れたか。【2019年上半期 陸上部門2位】

スポーツ・インテリジェンス原論

「山の神」はやっぱりしぶとかった。
今井と神野はなぜ生き残れたか。
【2019年上半期 陸上部門2位】

2019年上半期、NumberWebで人気を集めたベスト記事セレクションを発表します。陸上部門の第2位はこちら! 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2019/08/18

拍子抜けする程ジャパンは強かった。トンガに快勝、花園スタッフの本気。

スポーツ・インテリジェンス原論

拍子抜けする程ジャパンは強かった。
トンガに快勝、花園スタッフの本気。

41-7。ジャパンはトンガを一蹴した。拍子抜けするほど、ジャパンは強かった。トンガには、日本と比べて合宿の期間が短いなど勘… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2019/08/05

ページトップ