著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

生島淳Jun Ikushima

1967年気仙沼生まれ。早大卒。NBAやMLBなど海外ものから、国内のラグビー、駅伝、野球など、全ジャンルでスポーツを追うジャーナリスト。小林信彦とD・ハルバースタムを愛する米国大統領マニアにして、カーリングが趣味(最近は歌舞伎に夢中)。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』(文藝春秋)、『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)、『監督と大学駅伝』(日刊スポーツ出版社)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)、『人を育てる箱根駅伝の名言』(ベースボールマガジン社)など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
“アテネ金”冨田洋之が語る橋本大輝19歳「中学時代は全国レベルではなかった」「私もこの半年間の成長に驚かされた」《体操個人総合・金》

スポーツ・インテリジェンス原論

“アテネ金”冨田洋之が語る橋本大輝19歳「中学時代は全国レベルではなかった」「私もこの半年間の成長に驚かされた」《体操個人総合・金》

冨田洋之「素質の片鱗は感じられるものの、技が単発で演技として構成されていないような状態で、中学時代に全国大会での実績はあ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

体操日本代表

2021/07/29

《卓球》元相棒の本音「悔しいけど、美誠は水谷さんと組んだ方がいい」なぜ伊藤美誠20歳と水谷隼32歳は相性抜群なのか

スポーツ・インテリジェンス原論

《卓球》元相棒の本音「悔しいけど、美誠は水谷さんと組んだ方がいい」なぜ伊藤美誠20歳と水谷隼32歳は相性抜群なのか

かつて混合ダブルスで伊藤美誠と組んだ経験を持つ森薗政崇が「悔しいけど、美誠は水谷さんと組んだ方が威力を発揮する」と真情を… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

卓球日本代表

2021/07/28

「上野由岐子は右手では握手しない」の噂は本当だった “13年ぶり金”のソフトボール、28年ロス五輪での復活はあるか?

スポーツ・インテリジェンス原論

「上野由岐子は右手では握手しない」の噂は本当だった “13年ぶり金”のソフトボール、28年ロス五輪での復活はあるか?

「上野は利き腕の右手では握手をしない」という噂を聞いていたので、私はインタビューの最後に、「握手していただけませんか?」… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ソフトボール

2021/07/28

「オリンピック番組にタレントは必要?」への賛否…民放プロデューサーは「日本が不振だと視聴率リスクがある」

スポーツ・インテリジェンス原論

「オリンピック番組にタレントは必要?」への賛否…民放プロデューサーは「日本が不振だと視聴率リスクがある」

いまやオリンピック中継にタレントは不可欠になった。この20年ほど、スポーツ中継の大きな変化は、タレントの役割の増大と、外国… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

その他スポーツ

2021/07/27

「マラソンにドラマなんて必要ないんだ」大迫傑(30歳)に“2カ月密着トレ”した新世代ランナーが痛感したこと

スポーツ・インテリジェンス原論

「マラソンにドラマなんて必要ないんだ」大迫傑(30歳)に“2カ月密着トレ”した新世代ランナーが痛感したこと

吉田祐也「大迫さんがメダルを取れないようだったら、日本人にメダルを取るのは不可能なんじゃないか? そう思えるほどの練習の… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2021/07/08

【ラグビー】ジェイミージャパンの欧州遠征で感じた“経験値の尊さ”…テストマッチの敗戦は「度外視」か、「もったいない」か

スポーツ・インテリジェンス原論

【ラグビー】ジェイミージャパンの欧州遠征で感じた“経験値の尊さ”…テストマッチの敗戦は「度外視」か、「もったいない」か

2019年のラグビーW杯の熱狂から1年半が過ぎ、コロナ禍を経て、日本代表のキャンペーンがリスタートしたことを喜びたい。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2021/07/08

瀬古利彦×谷口浩美「日本マラソン最強の男は誰だ?」~レジェンド放談~

Sports Graphic Number Special

瀬古利彦×谷口浩美「日本マラソン最強の男は誰だ?」~レジェンド放談~

かつて日本のマラソン界トップがすなわち“世界”だった黄金期があった。尋常ではない練習量を誇った宗兄弟、ズバ抜けた才能に強… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

有料

2021/07/06

多田修平25歳は高3まで「全国レベルで優勝できなかった」…日本選手権1位に急成長するまで“不調だった3年間”

Number Ex

多田修平25歳は高3まで「全国レベルで優勝できなかった」…日本選手権1位に急成長するまで“不調だった3年間”

2017年と2021年。この2年が多田修平の人生を変えた。高校時代は世代トップというわけではなかった多田だが大学3年になった2017年… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

短距離走

2021/06/29

「箱根駅伝常連校」の変化、慶応と立教に“急激な成長”の予感? 「駒大一強」時代のレースに見た夏合宿前のチーム事情

箱根駅伝PRESS

「箱根駅伝常連校」の変化、慶応と立教に“急激な成長”の予感? 「駒大一強」時代のレースに見た夏合宿前のチーム事情

細かい雨が降ったりやんだり。6月19日の夕刻から、相模原ギオンスタジアムで、全日本大学駅伝の関東選考会が行われた。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/06/23

【ラグビー日本代表】「ONE TEAM」になるプロセスをもう一度…ライオンズ戦&アイルランド戦で勝利以上に大事なことは?

スポーツ・インテリジェンス原論

【ラグビー日本代表】「ONE TEAM」になるプロセスをもう一度…ライオンズ戦&アイルランド戦で勝利以上に大事なことは?

掛川駅12時8分着のこだま709号。車両が駅に到着すると、私が乗った車両の乗客はすべて降車した。ほぼ全員がジャージ着用。ちなみ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2021/06/18

ジェイミー・ジョセフ「再び、ONE TEAMに」~独占インタビュー~

Sports Graphic Number Special

ジェイミー・ジョセフ「再び、ONE TEAMに」~独占インタビュー~

2019年秋の熱狂から、早くも1年半の歳月が過ぎた。いよいよ、ラグビー日本代表が帰ってくる。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

有料

2021/06/11

【引退】五郎丸歩と過ごした不思議なトゥーロンの夜…語り合ったジャパン、早稲田、ラグビーのこと「飲むの遠慮しないでくださいよ」

スポーツ・インテリジェンス原論

【引退】五郎丸歩と過ごした不思議なトゥーロンの夜…語り合ったジャパン、早稲田、ラグビーのこと「飲むの遠慮しないでくださいよ」

それは「五郎丸」をめぐっての不思議な旅だった。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2021/04/26

【独占取材】エディー・ジョーンズ「勝敗を決める要素の20%は対人関係」ビジネスにも通ずるアプローチとは?

スポーツ・インテリジェンス原論

【独占取材】エディー・ジョーンズ「勝敗を決める要素の20%は対人関係」ビジネスにも通ずるアプローチとは?

読み始めたら、止まらなくなった。『エディー・ジョーンズ わが人生とラグビー』(ダイヤモンド社)は、エディーさんのラグビー… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

トップリーグ

2021/04/23

「人を動かす力がすごい」とOBも称賛…相良南海夫(早大ラグビー部前監督)が齋藤直人ら歴代主将に伝えた“悔い”とは?

スポーツ・インテリジェンス原論

「人を動かす力がすごい」とOBも称賛…相良南海夫(早大ラグビー部前監督)が齋藤直人ら歴代主将に伝えた“悔い”とは?

学生たちだけでなく、結果的に次代の早稲田を担う指導者の成長をも促した。2年目に優勝を遂げたのは、このシーズンからコーチン… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2021/04/16

早稲田ラグビー復活の立役者・相良南海夫はなぜ3年間、「与えない」と「部活動に戻す」を徹底したのか

スポーツ・インテリジェンス原論

早稲田ラグビー復活の立役者・相良南海夫はなぜ3年間、「与えない」と「部活動に戻す」を徹底したのか

早稲田大学ラグビー部を3年間にわたって率いた相良南海夫監督が勇退した。2008年度以来、大学選手権優勝から遠ざかっていた早稲… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2021/04/16

古賀稔彦「日本の柔道そのものだった男」~平成の三四郎逝く~

Sports Graphic Number Special

古賀稔彦「日本の柔道そのものだった男」~平成の三四郎逝く~

古賀稔彦こそは、戦後の日本柔道が生んだ「傑作」だった。教科書から飛び出してきたような鮮やかな背負い投げは、日本が理想とし… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

柔道

有料

2021/04/02

<奇跡の復活劇>照ノ富士が「入り待ち」の女性ファンを素通りした日…運命を逆転させた“あの一番”を検証する

スポーツ・インテリジェンス原論

<奇跡の復活劇>照ノ富士が「入り待ち」の女性ファンを素通りした日…運命を逆転させた“あの一番”を検証する

「女性のファンが『頑張って!』と声を掛けたんですよ。でも、照ノ富士はそれに応えることなく通り過ぎてしまうと、その女性が泣… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

相撲

2021/03/31

「あの宇和島東の鈴木って、誰?」大学恩師が語るマラソン鈴木健吾25歳、“無名”の高校時代から“日本新”までの10年間

スポーツ・インテリジェンス原論

「あの宇和島東の鈴木って、誰?」大学恩師が語るマラソン鈴木健吾25歳、“無名”の高校時代から“日本新”までの10年間

「あの宇和島東の鈴木って、どこかに決まってるのかな? という声が聞こえてきたんです。健吾が“全国デビュー”したのは、この… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2021/03/01

慶應義塾大学「友情よりも日本一」~1985年・中野忠幸~<ラグビー名門大学の流儀>

Sports Graphic Number Special

慶應義塾大学「友情よりも日本一」~1985年・中野忠幸~
<ラグビー名門大学の流儀>

日本ラグビーの「ルーツ校」が、社会人を破って日本一に輝いた。その強さの礎となったのは、日吉や山中湖で繰り広げられた常軌を… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

有料

2021/02/11

エディー・ジョーンズ「キャプテンは熱湯に耐えよ」~名将が語る理想像~

Sports Graphic Number Special

エディー・ジョーンズ「キャプテンは熱湯に耐えよ」~名将が語る理想像~

'15年W杯の日本と、'19年W杯のイングランドの共通点。それは、本大会に至るまでの強化プロセスにおいて、然るべきタイミングで「… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

有料

2021/02/09

『コーチングとは「信じること」』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『コーチングとは「信じること」』

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話

ラグビー日本代表を勝利に導く名将の哲学。弱かったラグビー日本代表は、なぜ世界の強豪に勝てるようになったのか。世界的名将が組織と個人を育てるための哲学を語り尽くす!

<本体1100円+税/生島淳・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ