著者プロフィール 

カナ一覧
組織別
カタカナ検索  

生島淳Jun Ikushima

1967年気仙沼生まれ。早大卒。NBAやMLBなど海外ものから、国内のラグビー、駅伝、野球など、全ジャンルでスポーツを追うジャーナリスト。小林信彦とD・ハルバースタムを愛する米国大統領マニアにして、カーリングが趣味(最近は歌舞伎に夢中)。著書に『エディー・ウォーズ』『エディー・ジョーンズとの対話 コーチングとは信じること」』『慶応ラグビー「百年の歓喜」』(文藝春秋)、『大国アメリカはスポーツで動く』(新潮社)、『監督と大学駅伝』(日刊スポーツ出版社)、『気仙沼に消えた姉を追って』(文藝春秋)、『箱根駅伝』『箱根駅伝 新ブランド校の時代』(ともに幻冬舎新書)、『人を育てる箱根駅伝の名言』(ベースボールマガジン社)など。

  • facebook
  • twitter
  • instagram
  • blog
「あの宇和島東の鈴木って、誰?」大学恩師が語るマラソン鈴木健吾25歳、“無名”の高校時代から“日本新”までの10年間

スポーツ・インテリジェンス原論

「あの宇和島東の鈴木って、誰?」大学恩師が語るマラソン鈴木健吾25歳、“無名”の高校時代から“日本新”までの10年間

「あの宇和島東の鈴木って、どこかに決まってるのかな? という声が聞こえてきたんです。健吾が“全国デビュー”したのは、この… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

マラソン

2021/03/01

慶應義塾大学「友情よりも日本一」~1985年・中野忠幸~<ラグビー名門大学の流儀>

Sports Graphic Number Special

慶應義塾大学「友情よりも日本一」~1985年・中野忠幸~
<ラグビー名門大学の流儀>

日本ラグビーの「ルーツ校」が、社会人を破って日本一に輝いた。その強さの礎となったのは、日吉や山中湖で繰り広げられた常軌を… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

有料

2021/02/11

エディー・ジョーンズ「キャプテンは熱湯に耐えよ」~名将が語る理想像~

Sports Graphic Number Special

エディー・ジョーンズ「キャプテンは熱湯に耐えよ」~名将が語る理想像~

'15年W杯の日本と、'19年W杯のイングランドの共通点。それは、本大会に至るまでの強化プロセスにおいて、然るべきタイミングで「… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

有料

2021/02/09

【箱根駅伝】駒大“大逆転”のウラ側…コーチの証言「大八木のゲキは選手への『愛』なんです」

スポーツ・インテリジェンス原論

【箱根駅伝】駒大“大逆転”のウラ側…コーチの証言「大八木のゲキは選手への『愛』なんです」

箱根駅伝を終えて、秋から取材に使ってきた数冊のノートを整理する。監督、選手たちの声が膨大な文字となって記されている。ずっ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/15

箱根駅伝を走れなかった主将の胸中。後輩に「自分の分まで頑張ってくれ」。

第97回箱根駅伝(2021)

箱根駅伝を走れなかった主将の胸中。後輩に「自分の分まで頑張ってくれ」。

第97回箱根駅伝。主役がたくさん現れた、いい大会だった。およそ11時間に及ぶ長いレースだけに、実は最終10区での首位交代はあま… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2021/01/14

【大学ラグビー】「天理さんは声がデカくて…」高校まで無名の“原石”たちが名門・早稲田を驚かせた『勝因』

スポーツ・インテリジェンス原論

【大学ラグビー】「天理さんは声がデカくて…」高校まで無名の“原石”たちが名門・早稲田を驚かせた『勝因』

「スクラムでの天理さんの“音量”が大きくて……。試合前に相手は声がデカいという情報を得ていたので、Bチームにも声を出して… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2021/01/12

【箱根駅伝】青学大・原監督が大会直前に泣いた日 “走れなかった主将”神林の本音「なんで自分なんだ…」

箱根駅伝PRESS

【箱根駅伝】青学大・原監督が大会直前に泣いた日 “走れなかった主将”神林の本音「なんで自分なんだ…」

12月30日、原監督はこう話した。「神林には10区を走ってもらいたい。もしも品川の八ツ山橋で立ち止まって、棄権してしまっても構… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/03

【波乱の箱根駅伝】最強世代「往路を走った1年生16人」の“明暗” 青学大・佐藤一世(4区)は「50点くらい…」

箱根駅伝PRESS

【波乱の箱根駅伝】最強世代「往路を走った1年生16人」の“明暗” 青学大・佐藤一世(4区)は「50点くらい…」

三浦龍司(順天堂大)、佐藤一世(青山学院大)、石原翔太郎(東海大)……彼らだけではなく、他の学校でも1年生を戦力にカウン… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/02

【箱根駅伝】原晋メソッドで学連選抜が輝いた2008年 苦戦を強いられる近年の「チーム」に必要な力

Number PLUS More

【箱根駅伝】原晋メソッドで学連選抜が輝いた2008年 苦戦を強いられる近年の「チーム」に必要な力

学連選抜の歴史を紐解いてみると、'03年の大会から編成され、'07年からは正式なチームとして公式記録に残るようになった。大きな… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/02

【箱根駅伝】秩父での幼少時代が「山男」を生んだ? 1990年“天下の険”制覇の「山の大東」復活劇

Number PLUS More

【箱根駅伝】秩父での幼少時代が「山男」を生んだ? 1990年“天下の険”制覇の「山の大東」復活劇

いつからか、箱根駅伝では「山の大東」と呼ばれるようになった。その起源は、74年から4年連続で5区区間賞を獲得した大久保初男。… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2021/01/02

「慶応に考えさせた」早稲田か、「9連覇“最後の世代”」帝京か…大学ラグビー“新旧”王者の本命は?

スポーツ・インテリジェンス原論

「慶応に考えさせた」早稲田か、「9連覇“最後の世代”」帝京か…大学ラグビー“新旧”王者の本命は?

この試合は、帝京にとって「9連覇」の財産をつなげられるかの瀬戸際の勝負であり、早稲田からすれば日本のラグビー界を背負って… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2021/01/01

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

第97回箱根駅伝(2021)

区間エントリーから読み解く第97回箱根駅伝。出場「確定」の選手から思惑が見えてくる。

12月29日に第97回箱根駅伝の区間エントリーが発表されてから1月2日までの間は、「推理」を楽しむ時間である。 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

PR

2020/12/31

【箱根駅伝】マスコミにもライバル校にも見向きもされず「えーっ」 2006年“雑草軍団”亜細亜大の初優勝

Number PLUS More

【箱根駅伝】マスコミにもライバル校にも見向きもされず「えーっ」 2006年“雑草軍団”亜細亜大の初優勝

06年の大会の焦点は、駒大が5連覇を達成するかどうかに集まっていた。前年7位の亜大を優勝候補に挙げる声は皆無。しかし60歳を迎… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2020/12/31

「イングランドは嫌われていますし」エディー・ジョーンズが語る2023年W杯 日本への期待と警戒

スポーツ・インテリジェンス原論

「イングランドは嫌われていますし」エディー・ジョーンズが語る2023年W杯 日本への期待と警戒

次回のラグビー・ワールドカップが行われるのは2023年。気がつけば、もうすぐにやってきそうだ。舞台はフランス。その組み分け抽… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー日本代表

2020/12/30

青学は「人間と戦術」で優勝した。3月の立川から1月の箱根への激変。――2020 BEST3

スポーツ・インテリジェンス原論

青学は「人間と戦術」で優勝した。3月の立川から1月の箱根への激変。――2020 BEST3

昨今のシューズにフォーカスした論調は、物事の本質を見誤らせる。今後、カーボンプレート内蔵のシューズがプラットフォームにな… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

2020/12/30

ラグビー五郎丸歩の本音が見えた引退会見 “人を生かす”アタックと震えるほどのタックルをもう一度

スポーツ・インテリジェンス原論

ラグビー五郎丸歩の本音が見えた引退会見 “人を生かす”アタックと震えるほどのタックルをもう一度

実直で、飾らない会見だった。コメントをサービス精神で「盛る」ようなこともしない。いつも通りの「五郎さん」だった。トップリ… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

ラグビー

2020/12/21

「早稲田ファンからため息も…」慶応、明治、早稲田の“最新勢力図” ラグビー大学選手権の本命は?

スポーツ・インテリジェンス原論

「早稲田ファンからため息も…」慶応、明治、早稲田の“最新勢力図” ラグビー大学選手権の本命は?

早稲田は早明戦での敗戦を受け、いよいよその力が問われるのが、12月19日に秩父宮ラグビー場で行われる慶応との準々決勝だ(大学… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2020/12/18

原晋「箱根は勝つだけじゃつまらない」~巻頭インタビュー~

Sports Graphic Number Special

原晋「箱根は勝つだけじゃつまらない」~巻頭インタビュー~

他を圧倒する箱根路での実績、歯に衣着せぬ言葉の数々。時に敵を作りながらも、駅伝界をリードする異端の名将は、常にチームとは… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

駅伝

有料

2020/12/17

「不謹慎かも知れないけど…」レース前の新谷仁美の姿が泣けた理由…29年ぶりの陸上「神回」を振り返る

スポーツ・インテリジェンス原論

「不謹慎かも知れないけど…」レース前の新谷仁美の姿が泣けた理由…29年ぶりの陸上「神回」を振り返る

「不謹慎かも知れないけど、スタート前に色んな感情が入り混じってたであろう新谷さんの表情が、僕の中では最も感動的で泣けた」 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

陸上

2020/12/09

「絶対、前! 絶対! 絶対!」(久々に)スタンドで見たラグビー早慶戦、ラインアウトの魔力

スポーツ・インテリジェンス原論

「絶対、前! 絶対! 絶対!」(久々に)スタンドで見たラグビー早慶戦、ラインアウトの魔力

今季の大学ラグビーは、報道陣の数も規制されているため、取材できるかどうかがほんの数日前まで分からない。そこで、チケットを… 続きを読む

生島淳Jun Ikushima

大学ラグビー

2020/11/26

『コーチングとは「信じること」』

「Amazon」で購入

文藝春秋BOOKS

『コーチングとは「信じること」』

ラグビー日本代表ヘッドコーチ エディー・ジョーンズとの対話

ラグビー日本代表を勝利に導く名将の哲学。弱かったラグビー日本代表は、なぜ世界の強豪に勝てるようになったのか。世界的名将が組織と個人を育てるための哲学を語り尽くす!

<本体1100円+税/生島淳・著>

書籍紹介ページへ(文藝春秋BOOKS)

ページトップ