サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

日本代表「4年後の11人」はどうなる? 遠藤航33歳や三笘薫29歳は鉄板、“ピピ”中井卓大22歳も候補に「カギを握るポジションは…」

posted2022/12/15 17:17

 
日本代表「4年後の11人」はどうなる? 遠藤航33歳や三笘薫29歳は鉄板、“ピピ”中井卓大22歳も候補に「カギを握るポジションは…」<Number Web> photograph by Getty Images

カタールW杯のラウンド16、クロアチア戦に先発した11人。2026年はどんなメンバーがピッチに立っているのだろうか

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Getty Images

 カタールW杯は最終局面を迎えているが、日本代表は2026年のW杯へ向けて動き出している。メンバー入りへの競争は、すでに始まっているのだ。

 4年後へ持ち越されたベスト8進出を実現するために、新体制でコアメンバーとなっていくのは誰なのか。「4年後の11人」を選んでみた。システムは4-2-3-1を念頭にしている。

※カッコ内は現所属クラブおよび北中米W杯が開幕する2026年6月を迎えた時点の年齢

ライバルたちの一歩先を行く冨安健洋と板倉滉

◆GK 谷晃生(湘南ベルマーレ/25歳)

 21年夏の東京五輪で正GKを務めた彼は、世代交代後の守護神争いをリードする存在だ。カタールW杯アジア最終予選にもほぼ帯同し、7月のE-1選手権で代表デビューも飾っている。

 190センチとサイズに恵まれており、20年から所属する湘南ベルマーレで実戦経験を積んでいった。これから長く代表のゴールマウスを任せられるだろう。

◆CB 冨安健洋(アーセナル/27歳)、板倉滉(ボルシアMG/29歳)

 CBの候補者は多いが、現時点でふたりに絞るなら冨安と板倉だ。守備の局面で直面する問題を自己解決できる能力において、彼らが先行している。8強入りするには必須と言ってもいいCBのビルドアップ能力についても、ライバルたちの一歩先をいく。

 CBでは伊藤洋輝、瀬古歩夢、町田浩樹、チェイス・アンリらの台頭も期待される。さらに、今冬にヴィッセル神戸からセルティックへ移籍した小林友希も、クラブでのパフォーマンスを注視していく必要がある。

◆右SB 橋岡大樹(シント・トロイデン/27歳)

 室屋成や菅原由勢との比較で、橋岡を選出した。184センチのサイズがあり、サイドバックだけでなくウイングバックにも対応できる。シント・トロイデンからのステップアップも期待したい。

 今後の成長株としては、J2のモンテディオ山形所属の半田陸をあげる。パリ五輪世代の20歳はピーター・クラモフスキー監督のもとでポジショナルプレーと5レーンを理解しており、現代的なプレースタイルを身に付けている。ローマが興味を示していると言われている選手だ。

◆左SB 杉岡大暉(湘南ベルマーレ/27歳)

 普通に選ぶなら中山雄太だ。ただ、左利きで左SBを本職とする選手として、杉岡大暉を推す。17年のU-20W杯に板倉、冨安、堂安律、久保建英らとともに出場しており、19年には東京五輪世代中心の日本代表で国際Aマッチにデビューしている。

【次ページ】 22歳になる“ピピ”中井卓大も候補に?

1 2 3 NEXT
谷晃生
冨安健洋
板倉滉
伊藤洋輝
瀬古歩夢
町田浩樹
チェイス・アンリ
小林友希
橋岡大樹
室屋成
菅原由勢
半田陸
杉岡大暉
中山雄太
堂安律
久保建英
鈴木冬一
遠藤航
守田英正
藤田譲瑠チマ
岩田智輝
中井卓大
鎌田大地
三笘薫
斉藤光毅
旗手怜央
藤本寛也
田中碧
小川航基
浅野拓磨
前田大然
上田綺世
町野修斗
カタールW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ