Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

[明日に繋がる涙]三笘薫「日本を勝たせる男に」

posted2022/12/16 07:00

 
[明日に繋がる涙]三笘薫「日本を勝たせる男に」<Number Web> photograph by Tsutomu Takasu

text by

飯尾篤史

飯尾篤史Atsushi Iio

PROFILE

photograph by

Tsutomu Takasu

自身のPK失敗もありベスト16で敗れたクロアチア戦後、涙が止まらなかった。悔しさを噛み締め、責任を感じた。発展途上の控えめなドリブラーは初のW杯で味わった屈辱を糧として、この先どんな進化を遂げるのだろうか。

 とめどなく溢れる涙はピッチを離れ、テレビインタビューを受け、ペン記者が待つ取材エリアにやって来ても止まらなかった。

「PKを蹴った責任はあるんで、迷惑をかけたなと思います」

 そう絞り出した三笘薫は、キッカーに立候補したことを確かめられると、涙を拭いながら、はっきりと答えた。

「はい、そうですね。勝たせたいと思って。前日練習でも決めましたし。フィーリングが良かったので、蹴りましたね」

 終わったばかりのクロアチア戦、日本は前半の終了間際に前田大然のゴールで先制してみせた。しかし、後半に追いつかれ、120分間でも決着がつかず、勝負の行方はPK戦に委ねられた。

 ピッチ上で円陣が組まれ、森保一監督がキッカーを募る。約5秒の沈黙のあと、南野拓実が最初のキッカーとして手を挙げ、それに三笘が続いた。

 だが、ゴール右を狙った南野が相手GKのセーブに遭うと、左隅に蹴り込んだ三笘の渾身ショットも弾き出されてしまった。

「(GKは)見てないです。思い切り蹴っただけです」と振り返った三笘は、自身がキッカーとなったこと自体に疑念を抱いているようだった。

「悔しさしか残らないですし、スタッフ、ベテラン選手、監督も含めいろんな人たちの思いがあったなかで、自分が蹴るべきだったのかなって、ちょっと思います」

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
Numberプレミアムクラブ会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3024文字

Numberプレミアムクラブ会員(月額330円[税込])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

三笘薫
前田大然
森保一
南野拓実
長友佑都
本田圭佑
カタールW杯
ワールドカップ
東京五輪

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ