菅原由勢 

菅原由勢は早くもAZの人気者。三枚目の弟キャラで心を鷲掴み。

欧州サッカーPRESS

菅原由勢は早くもAZの人気者。
三枚目の弟キャラで心を鷲掴み。

だが、AZの菅原由勢の映像はちょっと違う。数秒の間に寿司を握るポーズをとったり、和食屋の大将になってみたり。日本をアピール… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

海外サッカー

2019/10/30

U-20W杯日韓戦で悔やまれるミス。菅原由勢は、必ず壁を越えられる!

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-20W杯日韓戦で悔やまれるミス。
菅原由勢は、必ず壁を越えられる!

筆者は良い選手、学びながら成長する選手の条件として、自分が起こした現象に対し、しっかりと細かく理論立てて振り返られること… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/06/12

「惜しかった」のか「完敗」なのか?U-20W杯、影山ジャパンの最後の屈辱。

“ユース教授”のサッカージャーナル

「惜しかった」のか「完敗」なのか?
U-20W杯、影山ジャパンの最後の屈辱。

韓国の狙いは明らかだった。前半は徹底して守って無失点でしのぎ、後半に一気に攻撃の牙を剥いて仕留める――。それは日本の選手… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/06/05

U-20W杯、韓国に敗れた1つのミス。菅原由勢「一生頭から離れない」

サッカー日本代表PRESS

U-20W杯、韓国に敗れた1つのミス。
菅原由勢「一生頭から離れない」

一発勝負というのは、いつだって残酷だ。その結末は、勝者をより光り輝かせ、敗者をその陰に沈ませる。試合の意味合いが大きけれ… 続きを読む

了戒美子Yoshiko Ryokai

サッカー日本代表

2019/06/05

試合を楽しんでメキシコに完勝。U-20W杯の日本、決勝T確実か。

“ユース教授”のサッカージャーナル

試合を楽しんでメキシコに完勝。
U-20W杯の日本、決勝T確実か。

U-20W杯グループリーグ第2戦。メキシコと対戦したU-20日本代表のMF藤本寛也(東京V)は、試合を通して“パズルゲーム”を楽しんで… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2019/05/27

U-19選手権の初戦は難敵・北朝鮮!久保建英ら五輪世代がW杯への船出。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-19選手権の初戦は難敵・北朝鮮!
久保建英ら五輪世代がW杯への船出。

10月19日、U-19日本代表はAFC U-19選手権の初戦の北朝鮮戦を迎える。2年に1度行われるこの大会でベスト4以上に進出すれば、来年… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2018/10/19

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?名古屋・菅原由勢は何者なのか。

“ユース教授”のサッカージャーナル

17歳CBは予定通りのJ1デビュー!?
名古屋・菅原由勢は何者なのか。

「とても17歳には見えない」名古屋グランパスで開幕戦スタメンフル出場を果たし、それ以降もリーグ戦3試合連続でスタメンフル出… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

Jリーグ

2018/03/14

U-17、U-20のW杯に出続けること!森山佳郎U-16代表監督の深い覚悟。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-17、U-20のW杯に出続けること!
森山佳郎U-16代表監督の深い覚悟。

サンフレッチェ広島ユースを日本トップレベルの育成組織に引き上げ、昨年は日本代表を率いてU-17W杯を戦った森山佳郎監督。熱血… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2018/03/01

世界レベルで通用した00ジャパン。最強イングランド相手にPK戦で散る!

“ユース教授”のサッカージャーナル

世界レベルで通用した00ジャパン。
最強イングランド相手にPK戦で散る!

“若い選手は戦いの中で成長する”U-17W杯ラウンド16。グループEを1勝1敗1分けの2位で通過した“00ジャパン”は、グループFを3戦… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2017/10/18

インドの劣悪環境を経験済の強み。U-16はピッチ内外でタフに「戦う」。

“ユース教授”のサッカージャーナル

インドの劣悪環境を経験済の強み。
U-16はピッチ内外でタフに「戦う」。

16歳の少年たちにとって、インドの環境は相当衝撃的だろう。AFC U-16選手権が開催されているのは、インドの南西部に位置する港町… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2016/09/23

U-16代表が目指す“長友佑都イズム”。小さくても世界と戦う方法を考える。

“ユース教授”のサッカージャーナル

U-16代表が目指す“長友佑都イズム”。
小さくても世界と戦う方法を考える。

6月22日から26日にかけて、鳥取県で行われたインターナショナルドリームカップ。森山佳郎監督率いるU-16日本代表は、U-16ハンガ… 続きを読む

安藤隆人Takahito Ando

サッカー日本代表

2016/07/04

ページトップ