ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

「足りないものが多すぎる……」
トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。

posted2020/01/14 19:00

 
「足りないものが多すぎる……」トルシエも絶句のシリア戦敗北の中身。<Number Web> photograph by JFA/AFLO

結局……初戦のサウジアラビア戦同様、最後まで攻撃面、闘志が見えにくかったU23日本代表。

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph by

JFA/AFLO

 AFC・U23選手権グループB、シリア対日本の試合は、誰もが予想しえなかった結末を迎えた。

 日本のグループリーグ敗退が決まったこの試合を、フィリップ・トルシエはどう見ていたのか。試合終了直後、元日本代表監督フィリップ・トルシエに話を聞いた。

――アロー、フィリップ。

「ムッシュウ・タムラ。私には理解できない。信じられない」

――試合をどう見ていますか?

「まず言いたいのはこれが本当の日本代表ではないということだ。そうだろう。チームに加わっていない選手がまだたくさんいる。しかし同時に本物の日本代表ではないにせよ、少し心配せざるを得ない。五輪本大会まではあと6カ月しかない。このチームには足りないものが多すぎる。

 まず野心が足りない。

 たしかにサウジアラビア戦とは少しだけ異なった試合運びではあった。よりプロフォンダー(速さと深さをもった縦への攻撃)を多用し、クロスも多かった。シュートも放った。森保(一監督)がボールをよりスピーディに前に運びたがっていたのは見て取れた。

 しかし正確性を欠くプレーが多く、ミスも目立ちボールをよく失った。右アウトサイドの22番(橋岡大樹)を別にすれば――彼は本当に素晴らしかった。彼だけが他の選手たちのレベルを大きく超えていた――選手たちはインテンシティも低くリズムも欠いていた。

 このチームは組織を欠いたし、オートマティズムの欠如も明らかだった。チームがひとつになってプレーしていなかった。

 バラバラの印象だ。

 本当に驚いた。こんな日本代表を見たことはほとんどないからだ。だから試合には失望した。日本はボールをキープしてパスによる崩しを図った。だが残念ながら、それは試合開始直後を除き、相手を危険な状態には陥れなかった。あとは試合終了直前の5分間ぐらいだが遅すぎだ。

 日本はグループリーグで敗退したというのが事実であり現実だ。大きなサプライズであるのは間違いない。たとえこのチームが五輪代表チームのBチームであったとしても、もっとましなことができたはずであるからだ。

 監督はこの敗北からいろいろ学ぶだろう。様々な選手を試して、例えば22番は及第点を得た。しかし他の選手たちは……今日はとても凡庸だった」

【次ページ】 「選手同士のコミュニケーションを欠いている」

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一
フィリップ・トルシエ
橋岡大樹
相馬勇紀
堂安律
久保建英
板倉滉
菅原由勢
中山雄太
大迫勇也
南野拓実
上田綺世
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ