SCORE CARDBACK NUMBER

NBA界で今最も熱い論争、“ハック戦術”の是非を問う。~エンターテイメント性を守るためには変更も必要?~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2016/02/19 16:30

NBA界で今最も熱い論争、“ハック戦術”の是非を問う。~エンターテイメント性を守るためには変更も必要?~<Number Web> photograph by Getty Images

ドラモンドは、リオ五輪米国代表の最終候補。23本のFT失敗でNBAワースト記録を更新。

 最近、NBA界を真二つに割るような熱い論争がある。フリースロー(FT)が苦手な選手に対して、ボールと関係ないところで意図的なファウルをしてFTを打たせる戦術、通称『ハック・ア・シャック』を制限するべきかどうか、ということだ。

 以前から用いられていたこの戦術が、今になって論争となっているのは、近頃、使われる頻度が急激に上がっているからだ。昨季を通してリーグ全体でハックが行われたのは164回だったが、今季は開幕から2カ月たたないうちにその数を超え、シーズン1/3以上を残した現時点で300回に近づいているという。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

ロサンゼルス・クリッパーズ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ