プロ野球PRESSBACK NUMBER

鷹の守護神・森唯斗の球筋は必見。
1球ごとに「性格」がある魔球とは。

posted2019/02/03 08:00

 
鷹の守護神・森唯斗の球筋は必見。1球ごとに「性格」がある魔球とは。<Number Web> photograph by Kyodo News

森は2018年、リーグ最多37セーブを挙げた。自主トレには2年目の椎野新を帯同するなど刺激を求めている。

text by

田中大貴

田中大貴Daiki Tanaka

PROFILE

photograph by

Kyodo News

「田中さん、全部のボール、動いてるのわかりました?」

 灼熱のグアムの地で、森唯斗は笑みを浮かべながら話してくれました。

 最初は言っていることがまったくわかりませんでした。けれど目を凝らして彼の投球練習を何度も、何球も見ているうちに、確かにすべてのボールが少し滑るように動いているのがわかりました。

 カットボール気味に横にずれたり、またはシュート気味に反対側に曲がったり、時には滑るように上に浮いたりと、ボールが動いていました。このボールこそが2018年、パ・リーグ最多セーブ投手に輝き、チームを日本一に導いた森の最大の魅力です。

 気温30度のグアムで連日、自主トレを行う森は幾度となくブルペンに姿を現しました。前から、後ろから、そして横から投球練習を見せてもらい、気がつきました。

クセ球を最大限に生かす。

 腕を目いっぱい振っているように見えて、実は精密機械のように繊細。コース、スピード、ボールの変化量、リリースの位置。強靭な下半身から生み出されるボールは、一球一球に「性格」があるように見えました。投じるボールそれぞれに意思があり、相手打者のスイング軌道がわかっていて、それを避けるように動いているのが見えました。

 特に印象的だったのは、右打者へのインコースのボール。

 森唯斗という投手はリリースする瞬間の手首の角度が独特で、最後は自らの左側、つまり一塁方向へ手首がしなっていきます。そのためにボールがスライドするという特徴がありました。自らが持つ独特の、いわゆる「クセ球」を、殺すのでなく最大限に生かしてきたのです。

 去年の日本シリーズでは、カープの主軸である鈴木誠也ら右打者をことごとく抑え込みました。そこに彼の技術が結集されていました。

【次ページ】 数ミリ、数センチの変化が3通り。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森唯斗
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ