詳説日本野球研究BACK NUMBER

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。
12球団の上位指名は果たして誰だ!? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/22 10:40

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。12球団の上位指名は果たして誰だ!?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

10月18日、東京六大学野球の対立教大戦、大挙して押し寄せたスカウトの熱視線を集めた有原航平(早稲田大)。5月末以来の先発だが復活をアピール、ドラフト指名の行方は?

読めない中日、DeNAは地元選手、ヤクルトは大学生狙い?

●セ・リーグ4位 中日

 中日は12球団で最も腹の底が読めない球団だ。落合博満GMの徹底した秘密主義のためだが、戦力的に見れば野手の若返りが急務のはずだ。補強ポイントは野手全般と言っていい。捕手は栗原陵矢、内野は宗佑磨、桒原樹、外野は浅間大基、江越大賀、野間峻祥あたりがターゲットになる。

 外野は比較的若い大島洋平、平田良介がいるので緊急性が高いのは捕手と一塁以外の内野手だ。顔ぶれから言えば浅間が1位クラス、あとの選手は2位クラスなので、野手を重視すれば浅間が最も1位入札に相応しい。

 投手は山崎福也の入札が噂されたこともあるが、その後の山崎の調子を見ると難しい。昨年、無名の又吉克樹を2位指名している球団なので「まさか!」という1位入札があるかもしれない。地元路線が採られるなら外野手ながら野間、投手では静岡の静清高出身、野村亮介なども考えられる。いずれにしても予測がつかない球団だ。

●セ・リーグ5位 DeNA

 5位ながら誰もが「健闘した」と称えるDeNAには追い風が吹いている。この“風”を逃さないためにも今回のドラフトは重要だ。有原航平、浜田智博、横山雄哉、佐野泰雄に高校生の松本裕樹と色々1位入札が予想されているが、最も妥当なのが有原の入札だ。山口俊、井納翔一、復活が期待される三嶋一輝に有原を加えた先発4人なら、十分に上位チームと四つに組んだ試合ができる。

 外れ1位候補も投手が有力だ。地元路線は地方球団ほどやりたがるが、首都圏にありながらDeNAも地元選手に執着する。社会人の三菱日立パワーシステムズ横浜の2人、野村亮介、福地元春などは十分指名が考えられる。

 野手では球団を挙げてドラフトやトレードで横浜高校OBを獲りにいっているので浅間大基の入札はかなり有力だ。ただ、内野からコンバートした桑原将志、梶谷隆幸もいて外野は飽和状態。今年は投手主体の指名で行くべきだろう。

●セ・リーグ6位 ヤクルト

 ヤクルトも投手陣の整備が最大の課題になる。今年はチーム打率.279がリーグ1位ながら、チーム防御率はセ・リーグ唯一の4点台(4.62)で最下位。これほどチーム状態がはっきりしている球団はないので、補強は却ってやりやすい。

 東京六大学、東都大学がリーグ戦を戦う神宮球場を本拠地にしていることもあり、両大学リーグの選手を獲ることがチームにとってお約束のようなもの。有原航平は誰もが納得のいく指名で、チーム状態からしても妥当。抽選で敗れても山崎福也、山崎康晃が残っている可能性があり、2位以下では今秋不調の石田健大、島袋洋奨も残っている可能性がある。チームにとって善いか悪いかは別にして、指名はしやすい。

 両大学リーグの選手を獲得すること以外でも、ヤクルトには特徴がある。それは高校生の上位指名だ。統一ドラフトになった'08年以降、赤川克紀、八木亮祐、山田哲人、川上竜平を上位指名して、その多くが戦力になっている。有原を抽選で外したら高校生路線に切り替えてくる可能性は十分ある。

 ざっと12球団の指名予想をしたが、言われるほど悪くない顔ぶれが揃っている。そもそも、「24人揃わない」とか「不作だ」と言われる年でも一流になった選手はいる。「不作」という言葉は選手が育たなかったとき、スカウトが言い訳に使う言葉だと思う。今年の指名選手が5年後どのようになっているか楽しみにしたい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2 3 4 5

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
有原航平
安楽智大
高橋光成
佐野泰雄
浜田智博
横山雄哉
竹下真吾
寺嶋寛大
飯田大祐
戸柱恭孝
中村奨吾
石田健大
島袋洋奨
田中英祐
守屋功輝
土肥寛昌
栗原陵矢
岡本和真
浅間大基
高浜祐仁
香月一也
清水優心
野村亮介
野間峻祥
桑原樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ