詳説日本野球研究BACK NUMBER

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。
12球団の上位指名は果たして誰だ!? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/22 10:40

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。12球団の上位指名は果たして誰だ!?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

10月18日、東京六大学野球の対立教大戦、大挙して押し寄せたスカウトの熱視線を集めた有原航平(早稲田大)。5月末以来の先発だが復活をアピール、ドラフト指名の行方は?

24人に迫る上位候補は、さらに11人。

 しかしこれらの選手がそのまま1、2位に振り分けられるとは思えないので、あと十数人の上位候補を列挙していくと、次のような顔ぶれになる。

 塹江敦哉(高松北・投手・左投左打)、佐野皓大(大分・投手・右投右打)、山川晃司(福岡工大城東・捕手・右投右打)、高浜祐仁(横浜・遊撃手・右投右打)、桑原樹(常葉菊川・遊撃手・右投左打)、風張蓮(東農大北海道オホーツク・投手・右投右打)、石田健大(法政大・投手・左投左打)、戸根千明(日本大・投手・左投左打)、島袋洋奨(中央大・投手・左投左打)、野間峻祥(中部学院大・外野手・右投左打)、倉本寿彦(日本新薬・遊撃手・右投左打)

 以上に挙げた35人を、どの球団がどんな順位で指名していくのか考えてみたい。

●パ・リーグ1位 ソフトバンク

 現在のチームにこれといった弱点はないが、攝津正に陰りが見え始めた今、ローテーションの中心を任せられるようなスケールの大きい投手がほしい。即戦力なら有原航平、将来性なら高校生の安楽智大、高橋光成がそのポジションに相応しい。

 福岡をフランチャイズにしているため、昔から九州の球児獲得にも熱心で、投手では佐野皓大、捕手不足の現状を見れば清水優心、山川晃司の指名も考えられるが、いずれにしても入札1位は有原か安楽というのがオーソドックスな予想になる。

●パ・リーグ2位 オリックス

 12球団唯一のチーム防御率2点台(2.89)を誇るオリックスも、重点補強は先発投手だ。リリーフ陣にくらべると層の厚さが十分でなく、エース金子千尋のFA移籍も現実的な脅威である。常識的に考えれば有原航平だが、重複指名が予想されるとそこから逃げる、ということが過去に何回かあった。その場合は先発をまかせられる左腕に向かうことが予想できる。

 左腕は山崎福也、石田健大、島袋洋奨と大学球界のビッグネームが揃うが、この3人はいずれもこの秋、本調子でない。それなら佐野泰雄、浜田智博という地方大学勢、社会人では横山雄哉、竹下真吾のほうが補強ポイントに合致する。過去の指名を見ても、地方の大学生と社会人はオリックスの狙いどころと言っても過言ではない。

●パ・リーグ3位 日本ハム

 日本ハムは高校生主体のチーム作りをしている稀有な球団だが、1位入札は「その年一番いい選手に向かう」のがチーム方針で、過去5年間は菊池雄星、斎藤佑樹、菅野智之、大谷翔平、松井裕樹に向かい、単独指名で獲得した大谷は現在、主戦投手に成長している。

 このチーム方針に従えば、今年は有原航平の指名で間違いなし。昨年の今頃からチーム関係者の口からは「来年は有原でしょう」という言葉が洩れていた。

 2位以下を考えると、手薄な捕手に人材がほしい。現在の日本ハム捕手陣は大野奨太、市川友也以外では三塁を守ることが多い近藤健介くらいしか一軍クラスが見当たらない。将来性ならすでに名前が挙がった清水優心に栗原陵矢、即戦力なら大学生の寺嶋寛大(創価大)、社会人の飯田大祐(Honda鈴鹿)、戸柱恭孝(NTT西日本)が候補になる。上位指名で高校生を指名し、下位指名でもう1人即戦力タイプを指名する、それくらい分厚く捕手を取りに行ってもいい。

【次ページ】 ロッテ、西武は中村奨吾が濃厚、楽天は投手が急務。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
有原航平
安楽智大
高橋光成
佐野泰雄
浜田智博
横山雄哉
竹下真吾
寺嶋寛大
飯田大祐
戸柱恭孝
中村奨吾
石田健大
島袋洋奨
田中英祐
守屋功輝
土肥寛昌
栗原陵矢
岡本和真
浅間大基
高浜祐仁
香月一也
清水優心
野村亮介
野間峻祥
桑原樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ