詳説日本野球研究BACK NUMBER

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。
12球団の上位指名は果たして誰だ!? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/22 10:40

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。12球団の上位指名は果たして誰だ!?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

10月18日、東京六大学野球の対立教大戦、大挙して押し寄せたスカウトの熱視線を集めた有原航平(早稲田大)。5月末以来の先発だが復活をアピール、ドラフト指名の行方は?

巨人は岡本和真、阪神、広島は有原航平が濃厚。

●セ・リーグ1位 巨人

 セ・リーグで3年連続優勝を飾った巨人は、すでに超高校級スラッガー、岡本和真の1位入札を決めているようだ。今年のチーム成績はリーグ1位の防御率3.58にくらべて打率が.257でDeNAの次に低い。野手の1位指名は十分にあり得る。

 若手の主力は坂本勇人以外では'08年1位・大田泰示にようやく一本立ちの気配があり、高校生野手を1位入札しやすい環境が出来上がっている。他球団に岡本を1位入札する動きがないので、1位入札した時点で岡本の獲得は決まりだろう。

 捕手も補強ポイントと言われるが、昨年小林誠司を1位指名で獲得し、期待に応えているので2年続けて捕手を上位指名することはない。もし浅間大基が1位指名から洩れていれば、迷わず指名したい。

●セ・リーグ2位 阪神

 日本シリーズ進出を決めた阪神は、有原の1位入札を表明している。藤浪晋太郎と有原がローテーションの柱に並び立つ――この想像ほど阪神ファンの気持ちを沸き立たせるものはない。抽選に負けたら、外れ1位候補は京大・田中英祐が面白い。少し前まで田中は3位くらいの選手だと思っていたが、ストレートの伸びは間違いなく一級品。関西の注目選手をみすみす他球団に持っていかれることはない。有原1位、田中2位なら文句はない。

 打撃成績はマートン、ゴメスがタイトルを獲るほど活躍をしているのに、チーム本塁打がリーグ5位の94本とは意外だ。'10年以降、2位で一二三慎太、歳内宏明、北條史也、横田慎太郎と高校卒を指名しているので、本塁打不足を長期的に解消できる素材を今年も獲得したい。栗原陵矢は「強打の捕手」なので、獲得できれば捕手不足の阪神にとって一石二鳥の人材と言える。捕手以外では高浜祐仁、桑原樹、香月一也(大阪桐蔭)など内野手に手を伸ばしてもらいたい。

●セ・リーグ3位 広島

 観客数が前年比21.7パーセント上昇した広島には“赤ヘルブーム”が再来したといっていい。この人気を一過性のものにしないためにも、実力者の獲得は必至。地元広陵出身の有原ほどこの条件を満たす選手はおらずく、球団もすでに1位入札を表明している。

 チーム防御率がリーグ4位の3.79というのも有原獲得の追い風になる。有原の抽選に敗れた場合、無理して即戦力に向かう必要はない。エース前田健太の残留が濃厚なので、高校生の獲得に向かってもいい。

 広島のスカウトに話を聞くと、かつて九州を球団にとって第2の地元と考えていた時期があったという。緒方孝市(鳥栖卒)、前田智徳(熊本工卒)という顔ぶれを見れば'80年代後半のことだと思うが、'89年に球界に参画したダイエーに遠慮したのか、'90年以降は目立った九州球児の獲得はない。「そろそろ考えていいかも」というのは広島スカウトの言葉。広島の補強ポイントの1つが捕手なので、清水優心の上位指名は十分考えられる。

【次ページ】読めない中日、DeNAは地元選手、ヤクルトは大学生狙い?

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
有原航平
安楽智大
高橋光成
佐野泰雄
浜田智博
横山雄哉
竹下真吾
寺嶋寛大
飯田大祐
戸柱恭孝
中村奨吾
石田健大
島袋洋奨
田中英祐
守屋功輝
土肥寛昌
栗原陵矢
岡本和真
浅間大基
高浜祐仁
香月一也
清水優心
野村亮介
野間峻祥
桑原樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ