詳説日本野球研究BACK NUMBER

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。
12球団の上位指名は果たして誰だ!? 

text by

小関順二

小関順二Junji Koseki

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2014/10/22 10:40

NumberWeb恒例、ドラフト指名予想。12球団の上位指名は果たして誰だ!?<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

10月18日、東京六大学野球の対立教大戦、大挙して押し寄せたスカウトの熱視線を集めた有原航平(早稲田大)。5月末以来の先発だが復活をアピール、ドラフト指名の行方は?

ロッテ、西武は中村奨吾が濃厚、楽天は投手が急務。

●パ・リーグ4位 ロッテ

 ロッテは育成以外では高校生に目もくれない、というのが近年の伝統になっている('08年以降、高校生を1位入札したのは'12年の藤浪晋太郎だけ)。この伝統にのっとれば有原が最も納得のいく指名である。ただ投手でいくのか野手でいくのか、チーム状態がもう一つ掴めない。

 内野陣は鈴木大地以外、井口資仁、根元俊一、今江敏晃と年齢が上がっていて、後継候補にもこれといった選手がいない。そう考えると、3拍子揃った早大の二塁手・中村奨吾の1位入札は十分考えられる。中村を確保できればあとは投手を並べるという極端な指名も可能になる。もし石田健大、島袋洋奨の1位指名が回避されていたら躊躇なく指名したい。

●パ・リーグ5位 西武

 西武の補強ポイントは投手……と言い切れないのは今季のチーム打率.248(リーグ最下位)を見ればわかる。とくに弱いのが三遊間で、今季三塁を最も多く守ったのは脇谷亮太の56試合、遊撃手は渡辺直人の85試合にとどまる。

 このポジションを守れる上位候補は、早大の二塁手・中村奨吾、社会人では日本新薬の遊撃手・倉本寿彦しかいない。倉本なら2、3位の指名でも獲れそうだ。高校生の宗佑磨、桑原樹、野平大樹(樹徳)も考えられるが、今年に限っては即戦力候補がほしい。

 投手は先発、リリーフとも弱いが、とくに補強したいのは先発だ。高校生の高橋光成の1位入札を表明しているので、先発型の即戦力を2位以下で1人は獲りたい。京大の田中英祐は完成度こそ低いが、昨年の則本昂大(楽天)のようにボールの勢いで打者を圧倒する可能性を秘める。社会人は先に紹介した以外でも守屋功輝、土肥寛昌のHonda鈴鹿勢が楽しみな存在。

●パ・リーグ6位 楽天

 今季の楽天は田中将大のメジャー移籍がもろに響いた格好だ。昨年の新人王、則本が頑張ったが柱は2本ほしい。柱に成り得るのは有原航平だろう。過去5年の指名を見ると、菊池雄星、大石達也、藤岡貴裕、森雄大、松井裕樹と大石以外は左腕の本格派を1位入札しているが、現在投手陣には辛島航、塩見貴洋、松井裕樹、森雄大と先発タイプの左腕が揃っているので、それほどこだわらなくてもいい。また東北をフランチャイズにする球団なので、盛岡大付・松本裕樹の入札も十分考えられる。

 野手陣では嶋基宏の去就が注目されているが、小関翔太の成長があるので痛手は少ない。今年は大学生、社会人より高校生の捕手に好素材が多いので、たとえば2位くらいで栗原陵矢を指名し、3、4年後の小関との正捕手争いを目論む、くらいの緩やかなスパンで構想してもいい。

【次ページ】 巨人は岡本和真、阪神、広島は有原航平が濃厚。

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

福岡ソフトバンクホークス
オリックス・バファローズ
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ
埼玉西武ライオンズ
東北楽天ゴールデンイーグルス
読売ジャイアンツ
阪神タイガース
広島東洋カープ
中日ドラゴンズ
横浜DeNAベイスターズ
東京ヤクルトスワローズ
有原航平
安楽智大
高橋光成
佐野泰雄
浜田智博
横山雄哉
竹下真吾
寺嶋寛大
飯田大祐
戸柱恭孝
中村奨吾
石田健大
島袋洋奨
田中英祐
守屋功輝
土肥寛昌
栗原陵矢
岡本和真
浅間大基
高浜祐仁
香月一也
清水優心
野村亮介
野間峻祥
桑原樹

プロ野球の前後のコラム

ページトップ