プレミアリーグの時間BACK NUMBER

モイーズ&香川、モウリーニョ……。
プレミアリーグ開幕、見所完全紹介。 

text by

山中忍

山中忍Shinobu Yamanaka

PROFILE

photograph byREUTERS/AFLO

posted2013/08/15 08:01

モイーズ&香川、モウリーニョ……。プレミアリーグ開幕、見所完全紹介。<Number Web> photograph by REUTERS/AFLO

コミュニティシールドで、ウィガンと対戦したマンU。香川真司は83分にウェルベックと交代出場した。ルーニーを欠いたこの試合は、2-0でマンUが勝ち、今季初タイトルの獲得となった。

今季の昇格組は、揃って2部へ戻ってしまう可能性大!?

 残留ドラマの主役は4チーム。

 昇格組は揃って2部リーグへのUターンが危惧される。

 カーディフは、マレーシア人オーナーが、チームカラーを青から赤に変えた。しかしチームの攻撃は、未だ34歳のクレイグ・ベラミーに頼らざるを得ない状況だ。マーキー・マッケイ監督は、「得点に絡んで欲しい」と、セレッソ大阪から移籍2年目のキム・ボギョンに中盤からのゴールを求めてもいる。

 ハルは、エジプト出身オーナーが、正式クラブ名をハル・シティAFCからハル・シティ・タイガーズに変更。だが、スティーブ・ブルース監督が継続を好む3バックは、2部でも失点回避に苦労したチームの弱点となりかねない。

 資金力で劣るクリスタル・パレスは、イアン・ホロウェイ監督が「数を打っても当たらない」と嘆く補強難。特に、昨季リーグ戦で30得点のグレン・マレーを膝の怪我で失い、第2得点源のザハをマンUに奪われた、得点力の補填不足は深刻だ。

 残る降格候補は、今季からマーク・ヒューズが指揮を執るストーク。新監督は、フィジカルなロングボール集団を、目に優しい足下志向の集団に変えるという難題を課されている。おまけに、クラブは低予算で、大幅な主力の入れ替えは望み薄。昨季後半の失速で残留争いに巻き込まれたチームは、スタイル変更に伴う守備の綻びは想像できても、昨季リーグでワースト2の34得点が急増するとは思えない。

 今年50歳のヒューズは、一昨年にフルアムの監督を辞め、昨年にQPRを解雇されるまでは、元マンUエースの過去もあり、ファーガソンの後継者と目された1人だった。同い年で、実際の後継者として優勝を争うモイーズから、忘れられた存在となって残留を争うヒューズまで、最後に笑う監督は誰か?

 今季プレミアの火蓋は、8月17日、ストーク対リバプールで切って落とされる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
マンチェスター・ユナイテッド
デイビッド・モイーズ
マンチェスター・シティ
マヌエル・ペジェグリーニ
ジョゼ・モウリーニョ
アーセナル
トッテナム
リバプール
ブレンダン・ロジャーズ
チェルシー
アンドレ・ビラスボアス
ロベルト・マルティネス
エバートン
スウォンジー
ミカエル・ラウドルップ
サウサンプトン
アラン・パーデュー
サム・アラーダイス
ウェストハム
マウリシオ・ポチェッティーノ
クリス・ヒュートン
ポール・ランバート
サンダーランド
パオロ・ディ・カーニオ
ノリッチ
クリスタル・パレス
イアン・ホロウェイ
マーク・ヒューズ
ストーク
アストン・ビラ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ