SCORE CARDBACK NUMBER

ノーマーク狩野恵輔が虎の救世主となるまで。 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

posted2007/05/31 00:00

 2000年のドラフト会議。当時阪神の監督だった野村克也は、高卒捕手、狩野恵輔を3位で指名するという球団の方針に難色を示していた。しかし、最後には「キャッチャーはツブしが効く。使いものにならなければブルペン捕手、捕手の立場でバッティングを考えられるならコンバートしても役に立つ」という自論を後ろ盾に、ようやく首を縦に振ったのである。

 そんな経緯で入団したから、群馬・前橋工時代に通算25ホーマー、群馬県選抜の主将という狩野の肩書きも、野村にはさして響かなかった。強いて言えば狩野が愛読書に野村の『一流の条件』をあげていたことを喜んだぐらいか。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 613文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表の論点 オシムに問う。Questions on Osim Japan
狩野恵輔
阪神タイガース

プロ野球の前後の記事

ページトップ