田中広輔 

28件中 1 - 20件を表示
カープ黄金期継続、日本一へ……。鈴木誠也世代の新時代が始まる!

炎の一筆入魂

カープ黄金期継続、日本一へ……。
鈴木誠也世代の新時代が始まる!

平成最後のセ・リーグペナントレースは、広島が2球団目の3連覇を成し遂げた。ただ、新たに迎えるシーズンを前に、広島は黄金期と… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2019/01/07

WBCでは得られない東京五輪対策。日米野球で秋山翔吾が体得した技。

プロ野球亭日乗

WBCでは得られない東京五輪対策。
日米野球で秋山翔吾が体得した技。

怒涛の逆転劇だった。2点を追いかける9回、先頭の代打・田中和基外野手(楽天)が四球で出塁すると、すかさず二盗し上林誠知外野… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/11/14

“甲斐キャノン”が広島ベンチを縛る。「機動力のカープ」がもう走れない?

プロ野球亭日乗

“甲斐キャノン”が広島ベンチを縛る。
「機動力のカープ」がもう走れない?

阻止率100%。“甲斐キャノン”がまたもカープの足を封じた。2点リードの5回2死、広島の攻撃だった。田中広輔内野手のカウント1… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/11/01

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み。四球数とベンチワークが両者の差。

プロ野球亭日乗

巨人の下剋上を許さぬカープの凄み。
四球数とベンチワークが両者の差。

同じような負け方をシーズン中に何度も見た。終盤の逆転劇は今季の広島の得意芸であることはいうまでもない。だからこそ巨人・高… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2018/10/19

阪神はなぜ、広島に勝てないのか。両軍に見る育成スパイラルの差。

プロ野球PRESS

阪神はなぜ、広島に勝てないのか。
両軍に見る育成スパイラルの差。

陽川尚将が苦しんでいますね。新外国人のロサリオが不振で二軍、糸井が故障で離脱している間は打ちまくっていましたが、各球団と… 続きを読む

藪恵壹Keiichi Yabu

2018/07/27

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。広島カープの「真の機動力」とは?

炎の一筆入魂

盗塁ゼロでも開幕3連勝――。
広島カープの「真の機動力」とは?

広島のお家芸は、今年も健在だ。中日を本拠地マツダスタジアムに迎えた開幕3連戦。一発あり、小技あり、連打ありと多彩な攻撃で3… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/04/03

タナキクマルがいれば広島は安泰。28歳の3人は若手の最高の教材だ。

炎の一筆入魂

タナキクマルがいれば広島は安泰。
28歳の3人は若手の最高の教材だ。

広島春季キャンプを見ていて、ふと中学時代の理科の授業で教わった「三点支持」を思い出した。「物体を安定させるには、最低3点… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/03/06

カープは3連覇&日本一へ団結する。10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

炎の一筆入魂

カープは3連覇&日本一へ団結する。
10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

「広島は強かった」――。2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2018/01/02

セMVPは丸佳浩じゃないとおかしい!「RC」が示す攻撃での圧倒的な貢献。

酒の肴に野球の記録

セMVPは丸佳浩じゃないとおかしい!
「RC」が示す攻撃での圧倒的な貢献。

日本シリーズが終われば、野球界はもうオフだ。これから野球親父は「今年はどうだった」という「復習戦」を飲み屋で戦わせること… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2017/11/05

カープの教え子は「日本一で恩返し」。去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

炎の一筆入魂

カープの教え子は「日本一で恩返し」。
去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

別れは突然やってくる。互いに恋い焦がれても、別の道を歩む決断を下すときもある。別れとはそういうものだ。ただ、広島と石井琢… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/17

この人がいなければ優勝は無かった。河田雄祐が広島に残した大切なもの。

炎の一筆入魂

この人がいなければ優勝は無かった。
河田雄祐が広島に残した大切なもの。

初見の人は驚くかもしれない。声は大きい、言葉はきつい。そして豪快に笑う。広島カープの河田雄祐・外野守備走塁コーチの周りに… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/10/09

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

プロ野球亭日乗

歴史的連敗の元は“清武の乱”にアリ。
采配批判の前に巨人全体の奮起を望む。

巨人が7日の西武戦に敗れ、球団史上ワーストの12連敗を記録した。「(12連敗は)現実なのでそれを現実として受け止めないといけ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/06/08

広島が仕掛ける打順革命、思想は?新井が5番ではなく6番に座る理由。

炎の一筆入魂

広島が仕掛ける打順革命、思想は?
新井が5番ではなく6番に座る理由。

今年も広島打線は他球団の猛威となっている。交流戦までの49試合(5月28日現在)で、いずれもトップの打率2割7分8厘は、チーム打… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/29

ショートに、ファーストに、外野でも。広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

炎の一筆入魂

ショートに、ファーストに、外野でも。
広島の“何色にも染まる男”安部友裕。

今年も広島打線は活発だ。12球団トップの得点力でクリス・ジョンソンや中崎翔太を欠く投手陣を支えている。新井貴浩やブラッド・… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

2017/05/12

「全員が納得することはありえない」小久保采配は、勝利だけのために。

プロ野球亭日乗

「全員が納得することはありえない」
小久保采配は、勝利だけのために。

「行き当たりばったりですよ」米国行きを決めたイスラエル戦後の東京ドーム。投手陣を預かる権藤博投手コーチは淡々とした表情で… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/16

WBC壮行試合で見えた主力の好不調。小久保監督は“原采配”を見習う時か?

プロ野球亭日乗

WBC壮行試合で見えた主力の好不調。
小久保監督は“原采配”を見習う時か?

第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)まであと1週間と迫った2月28日と3月1日。福岡・ヤフオクドームで日本代表「侍ジ… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2017/03/02

広島・加藤拓也の初登板は酷だった。一軍打者に、振ってもらえない辛さ。

マスクの窓から野球を見れば

広島・加藤拓也の初登板は酷だった。
一軍打者に、振ってもらえない辛さ。

時刻は午後3時をとっくにまわっていた。日南・天福球場では、1時から続いていたフリーバッティングがようやく終わって、ホームベ… 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2017/02/13

梶谷隆幸らの死闘に水さす微妙判定。DeNA敗退決めた、運命のあの一球。

ニッポン野球音頭

梶谷隆幸らの死闘に水さす微妙判定。
DeNA敗退決めた、運命のあの一球。

最初に、梶谷隆幸には謝らねばならない。筆者はCSファイナルステージ第2戦までの結果を受けて執筆した前回のコラムで、「これ以… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

2016/10/17

荒川区町屋に生まれて――。カープ鈴木誠也、親友が明かす秘話。

Number Ex

荒川区町屋に生まれて――。
カープ鈴木誠也、親友が明かす秘話。

「みんなに愛されてるからだと思います」躍進目覚ましいカープの鈴木誠也に、黒田博樹と新井貴浩が長く活躍できているのはどうし… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/09/26

カープを優勝に導いた「我慢の男」。菊池涼介は……弱みを見せなかった。

Number Ex

カープを優勝に導いた「我慢の男」。
菊池涼介は……弱みを見せなかった。

9月8日のマツダスタジアムが最も沸いたのは、ビジョンで阪神の先制が伝えられたときだった。カープがマジックを2として迎えた、… 続きを読む

Number編集部Sports Graphic Number

2016/09/24

ページトップ