プロ野球亭日乗BACK NUMBER

“甲斐キャノン”が広島ベンチを縛る。
「機動力のカープ」がもう走れない?

posted2018/11/01 14:20

 
“甲斐キャノン”が広島ベンチを縛る。「機動力のカープ」がもう走れない?<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

尊敬する捕手・炭谷銀仁朗(西武)から譲ってもらった特殊なミットを駆使する甲斐拓也。

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Hideki Sugiyama

 阻止率100%。

“甲斐キャノン”がまたもカープの足を封じた。

 2点リードの5回2死、広島の攻撃だった。田中広輔内野手のカウント1ボール2ストライクからの4球目に、一塁走者の安部友裕内野手がスタートを切った。

 外角に流れる141キロのシンカーをつかんだソフトバンク・甲斐拓也捕手が「キャノン」を発動した。コンパクトな動作から放たれた送球が、二塁ベースで構える今宮健太内野手のグラブに収まる。あとは滑り込んでくる安部にタッチするだけだった。

「準備していたが、意識はしていなかった。走ったのは見えたので、あとは自分の送球をするだけだった」

 第1戦から4度目、その広島の足攻をすべて封じた甲斐は平然とこう語った。

広島の自信を砕いた甲斐の肩。

 日本シリーズのカードが決まった直後から、広島の機動攻撃を甲斐がどう封じるのか、が勝負のポイントの1つとされてきた。

 まずは延長12回の引き分けとなった第1戦の9回2死から代走・上本崇司内野手の二盗を刺した。

 実はセ・リーグのクライマックスシリーズでほぼ同じシチュエーションがあった。巨人とのファイナルステージ第2戦。1点のビハインドで迎えた8回2死から代走で起用された上本が甲斐と双璧と言われる鉄砲肩の巨人・小林誠司捕手を相手に二盗を決めているのだ。

 この“成功体験”から広島・緒方孝市監督が自信をもって仕掛けた作戦だったが、甲斐はこれをあっさり封じた。

 第2戦では、鈴木誠也外野手のタイムリーで2点を追加した5回1死一塁での鈴木の二盗を阻止した。

 これはボール1から仕掛けたエンドランだった。しかしボール1からの2球目を松山竜平外野手が空振りして、結果的に盗塁というかたちになった鈴木をシャットアウトした。

 第3戦でも初回1死一塁から一塁走者・田中と打席の丸佳浩外野手の間でエンドランを仕掛けたが、これも丸が空振りして結果的に盗塁となった田中を甲斐が仕留めている。

 そして第4戦では再び盗塁を仕掛けての失敗だった。

【次ページ】 盗塁阻止率のリーグ1位と2位が。

1 2 3 NEXT
甲斐拓也
田中広輔
安部友裕
小林誠司
緒方孝市
工藤公康
広島東洋カープ
福岡ソフトバンクホークス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ