炎の一筆入魂BACK NUMBER

カープの「幹」を担う重責に抗って。
誠也が復帰、あとは田中広輔だけだ。

posted2019/04/29 11:30

 
カープの「幹」を担う重責に抗って。誠也が復帰、あとは田中広輔だけだ。<Number Web> photograph by Kyodo News

28日ヤクルト戦でスタメン復帰した鈴木誠也。頼れる主砲がさらにチームを勢いづけるはずだ。

text by

前原淳

前原淳Jun Maehara

PROFILE

photograph by

Kyodo News

 4月27日、神宮。6日ぶりに実戦の打席に立った鈴木誠也は、右肘でリズムをとりながら相手投手と対峙した。

 これまでの打撃フォームとは明らかに、違う。背筋を伸ばし、右脇を大きく開けて構える形は、元マリナーズのケン・グリフィーJr.のようだった。

 コンディション不良で3試合欠場し、21日DeNA戦以来4試合ぶりの代打での出場だった。6日ぶりの打席で、打撃フォームを変える大胆な行動に出た。

「シーズン中だからです。(ケン・グリフィーJr.を)真似したわけじゃないですけど、ヒントになるかなと思って」

 模倣は否定するも、フォームを変えたことはあっさり認めた。これまでも、鈴木は突然フォームを変えることがあった。昨年は両脚の幅を狭めグリップを右肩前に据えるタイガースのミゲル・カブレラやグリップ位置を上げるエンゼルスのマイク・トラウトのような打撃フォームにしたこともあった。

シーズン中のフォーム調整。

 微修正はあっても、シーズン中に打撃フォームを大胆に変えることはリスクを伴うようにも感じる。打者の中には、日々の振り込みでそのシーズンのフォームを体に染みこませる選手もいる。探求心が強い鈴木は、百面相のように形を変える。ただ、そこには明確な狙いと意図がある。だからこそ自分自身を見失うことはない。

 スタメン復帰した翌28日は、見た目にはこれまでの打撃フォームに戻っていた。ただ前日の試みで感覚が変わったのだろう。1週間ぶりのスタメン出場で見事に3安打、猛打賞を記録してみせたのだった。

 東出輝裕打撃コーチは鈴木の狙いを解説してくれた。「変わっているのは枝葉の部分。(打撃の)幹がしっかりしているからできる。根本的なものは変わっていない」

【次ページ】 「タナキク、誠也、会沢の4人」

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

鈴木誠也
菊池涼介
田中広輔
東出輝裕
広島東洋カープ
會澤翼

プロ野球の前後のコラム

ページトップ