酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

村上宗隆が挑む史上初の偉業って?
2019プロ野球後半戦、気になる記録。

posted2019/07/14 17:00

 
村上宗隆が挑む史上初の偉業って?2019プロ野球後半戦、気になる記録。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

高卒2年目にして長打力が開花した村上宗隆。10代での打点王のタイトル獲得となれば、日本プロ野球史に残る快挙だ。

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph by

Nanae Suzuki

 日本でもアメリカでも、プロ野球のペナントレースはオールスター前を「前半戦」、それ以降を「後半戦」と呼ぶ。

 しかし、オールスター直前の段階で、試合消化は5割をかなり超えている。そろそろシーズンの勢力図は固まりつつある。

 このタイミングで、現時点の「気になる記録」をいくつか挙げておきたい。

高卒2年目にして開花中の村上宗隆。

<ヤクルト・村上宗隆、戦後で史上初の「10代の打点王」なるか?>

 ヤクルトの村上宗隆が、前半戦終了時点で「63打点」。巨人の坂本勇人と並んでいる状況なので予断は許さないが、村上は高卒2年目というのだから驚きである。

 高卒2年目での打点王となれば、1953年、西鉄ライオンズの中西太以来、史上2人目。中西は1933年4月11日生まれだったから、タイトルを取ったときは20歳だった。ただし2000年2月2日生まれの村上宗隆は、シーズン終了時点で19歳。戦後で史上初の「10代の打点王」の期待がかかる。

 この世代では日本ハムの清宮幸太郎が圧倒的な注目度だったが、村上は今季、サードの川端慎吾、ファーストの坂口智隆の故障による出遅れがあったため、一、三塁で起用され結果を出した。打率こそ.230台と低いが、自由に打たせてもらっているイメージだ。

 また30本塁打に到達すれば、高卒2年目まででは1953年の中西太(36本)、1986年の清原和博(31本)についで3人目。

 今季は100打点の期待もかかるが、高卒2年目で100打点も史上初となる。厳しい夏場に差し掛かるこれからが大変ではあるが、大いに期待したい。

【次ページ】 山田哲人が目指す前人未到の偉業。

1 2 3 4 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

村上宗隆
荻野貴司
山田哲人
田中広輔
甲斐野央
大山悠輔
高橋礼

プロ野球の前後のコラム

ページトップ