プロ野球亭日乗BACK NUMBER

WBC投手陣14人を大胆予想! ダルビッシュも参戦…カギとなるのは大谷翔平の起用法か? リリーフに推したい”最後の枠”とは

posted2022/12/20 18:05

 
WBC投手陣14人を大胆予想! ダルビッシュも参戦…カギとなるのは大谷翔平の起用法か? リリーフに推したい”最後の枠”とは<Number Web> photograph by Getty Images / Nanae Suzuki

WBCへの参戦を表明したパドレスのダルビッシュ有(左)とエンゼルスの大谷翔平(右)

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph by

Getty Images / Nanae Suzuki

 2023年3月に行われる第5回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表メンバーがほぼ見えてきた。

 メジャー組からはロサンゼルス・エンゼルスの大谷翔平投手がいち早く参加を表明。一方、当初は出場に消極的だったサンディエゴ・パドレスのダルビッシュ有投手も、12月6日に自身のツイッターで参戦を明らかに。「栗山監督に『来年のWBC出場しなさい』と言われたので出場します」とウィンターミーティング参加のため渡米した日本代表・栗山英樹監督から直接、説得を受けて心を動かされたことを明らかにしている。

 打線では二刀流で出場が濃厚な大谷と共に、打線のキーマンとなるシカゴ・カブスの鈴木誠也外野手もダルビッシュから遅れること2日後の12月8日に「報告遅くなりすいません!」と自身のインスタグラムで出場を表明した。

 これでメジャー組3人が日本代表入りすることが正式に確定した事になる。一方で参加を期待されたオリックス・吉田正尚外野手はボストン・レッドソックス、ソフトバンクの千賀滉大投手はニューヨーク・メッツへの移籍が決定。吉田は参戦の可能性を模索しているようだが、メジャー1年目のキャンプに参加しなければならないので、必然的に代表入りは難しくなる。

 参加メンバーの最終登録は2月7日。11月下旬の予備登録ではセントルイス・カージナルスのラース・ヌートバー外野手とクリーブランド・ガーディアンズのスティーブン・クワン外野手の日系2選手を登録するなど、栗山監督の頭には更なるオプションもありそうだが、日本人メジャーリーガーの陣容が固まったことでチームのベースは出来上がった。

WBCの投手陣14人の編成を大胆予想!

 そこで現時点で考え得る投手陣の編成にそれぞれの役割とローテーション、また野手陣の選出のカギと世界一奪回のために考えうるオーダーを2回に分けて考えていく。

 まずは投手編から――(野手編は#2へ)。

 大会のレギュレーションで投手の登録は最低14人。過去には13人で臨んだ大会もあったが、この大会のレギュレーションに則って14人の投手編成で考えた。

【次ページ】 栗山監督は大谷の投手起用法をどう考えているのか?

1 2 3 4 NEXT
ダルビッシュ有
サンディエゴ・パドレス
大谷翔平
ロサンゼルス・エンゼルス
山本由伸
オリックス・バファローズ
佐々木朗希
千葉ロッテマリーンズ
今永昇太
横浜DeNAベイスターズ
戸郷翔征
読売ジャイアンツ
宮城大弥
伊藤大海
北海道日本ハムファイターズ
湯浅京己
阪神タイガース
大勢
宇田川優希
山崎颯一郎
伊勢大夢
岩崎優
高梨雄平
嘉弥真新也
福岡ソフトバンクホークス
栗林良吏
広島東洋カープ
松井裕樹
東北楽天ゴールデンイーグルス
栗山英樹

プロ野球の前後の記事

ページトップ