サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「鎌田大地を自由にさせてあげたい」守田英正27歳がカタールW杯直前に語った“野心”「大会後、もし求められたらキャプテンもやります」 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byAFLO

posted2022/11/23 17:02

「鎌田大地を自由にさせてあげたい」守田英正27歳がカタールW杯直前に語った“野心”「大会後、もし求められたらキャプテンもやります」<Number Web> photograph by AFLO

カタールへ渡る直前にNumber Webの単独インタビューに応じた守田英正(27歳)

守田 正直なところ、ドイツは誰が出てもすごい。ムシアラ、ハバーツ、ザネ。全員怖い。ただ、彼らを前に日本代表がこれを出したいというのは何?と言われると、僕あたりでは答えようがない。選手間で話をして、その場で修正して勝たせる。1つ1つの試合にかけてきたチームだと思うので。

――個人的にはどういう大会にしたいと考えていますか?

守田 チャンスと思っているので、僕がチームを勝たせて活躍して、それが認められて、また自分のキャリアにつなげられたら。それが目標です。ベスト16の壁が突破できていないので、まずはグループを突破したい。勝てないと思われているのが悔しいし、そういう意見を跳ね返したいですね。

――これからのキャリア、今よりもずっと上を見ていますか?

守田 もちろん、もっともっと上に行きたい。もっといい選手として評価されたい。スポルティングはビッグクラブではあるんですけど、メガクラブと言われるようなクラブは世界にもいくつかしかない。そういったクラブに行けるのは限られた選手だけ。そこに近づけるように頑張りたいですね。

――ワールドカップ後の日本代表では、年齢的にもキャリア的にもチームの中心になるのでは。

守田 そうですね。僕が引っ張っていけるのであれば引っ張ります。キャプテンをやれと言われたらやりますし。今までもリーダーという意識は持ってやってきました。求められたらやります。

――発言自体も増えているように思います。ワールドカップ前はメディアで積極的に発信していました。

守田 ありがたいことに依頼がすごく多くて、当然心身的には疲れますが、それが今の日本サッカーやワールドカップを盛り上げる1つの要因になるのであれば、一緒にサッカーを盛り上げたいなと。メディアに出ているからといって、準備をしていないわけではない。僕はピッチの上がすべてだと思っているので、その結果で判断してもらえれば。どれだけ準備しようが、負けたら一緒。結果だけ見てもらえればいいと思っています。

<前編から続く>

守田英正(もりた・ひでまさ)

1995年5月10日、大阪府生まれ。金光大阪高から流通経済大に進み、2018年に川崎フロンターレ加入。1年目から定位置を確保し、2度のリーグ優勝に貢献。2021年にポルトガルリーグのサンタ・クララに移籍。2022年に同国の名門クラブ・スポルティングへ。2018年9月に代表初招集され、2021年に定着。日本代表17試合出場、2得点。177cm、74kg

#1から読む「日本代表はどうせ勝てない…“悲観論”を見返したい」守田英正27歳がカタールW杯直前に明かした「26人メンバー発表は悲しさもあった」

関連記事

BACK 1 2 3
守田英正
冨安健洋
鎌田大地
吉田麻也
森保一
大迫勇也
旗手怜央
原口元気
スポルティング
川崎フロンターレ
田中碧
久保建英
伊東純也
遠藤航
長友佑都
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ