サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「鎌田大地を自由にさせてあげたい」守田英正27歳がカタールW杯直前に語った“野心”「大会後、もし求められたらキャプテンもやります」

posted2022/11/23 17:02

 
「鎌田大地を自由にさせてあげたい」守田英正27歳がカタールW杯直前に語った“野心”「大会後、もし求められたらキャプテンもやります」<Number Web> photograph by AFLO

カタールへ渡る直前にNumber Webの単独インタビューに応じた守田英正(27歳)

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph by

AFLO

サッカー日本代表・守田英正(27歳)が今月カタールへ渡る直前に、Number Webの単独インタビューに応じていた。大一番ドイツ戦へのプラン、そして今大会への“野心”を明かした。【全2回の2回目/#1へ】

「(ドイツ戦、スペイン戦で)一番怖いのは…」

――最終予選でボランチで組んでいた遠藤選手が不在となった場合は、より守備に重きをおくことになる(※)。

守田 そうですね。もちろん、相方によってプレースタイルは変えるつもりですし、航くんがもしいないのであれば守備的にならざるを得ない。ただ、自分がクラブでやっているような攻撃的な部分は必ず見せるタイミングはあると思う。そこはできるだけ逃さないようにしたい。

(※インタビューは遠藤選手がブンデスリーガで脳震盪を起こした直後だった)

――スポルティングではバランスを見ながらボックスに飛び込み、今季すでに3点とっています。

守田 より攻撃的な役割を与えられているので、そういう機会が増えていますね。これまではボールを失わないことを前提としてプレーしていましたが、今季はボールロストの回数もそれなりに多いんです。点を取っただけで、他のプレーではボールロストが多かったり、警告をもらいそうになったりと、危ういプレーも多い。ただ、そういうリスクを冒した先に、大きな得点のチャンスがある。そこが今のクラブで学んで成長している部分ですね。

――ドイツ戦、スペイン戦でも、どこかでリスクを負って狙いに行く?

守田 ただ、攻撃でボールの失い方が悪いと、一番アンバランスな中で攻撃を食らってしまう。それが一番怖いので。僕がトランジションで後ろから攻撃に移り変わるとき、前の選手が要求していたらもちろんパスを出すんですけど、もし失ったときに自分たちがどういう配置で、どこが危ないのかを理解しないといけない。僕のスタイルは代表では代表のものがあるので、そっちを中心的に考えます。クラブで見せている攻撃力は出せる機会があれば出したいとは思うけど、あくまで代表での自分のプレースタイルというのは変えたくはない。

「ドイツ戦は失点ゼロ、それ以外は考えていない」

――クラブと代表では練習時間をはじめ多くのことが違いますが、その難しさも感じている?

【次ページ】 「ドイツ戦は失点ゼロ、それ以外は考えていない」

1 2 3 NEXT
守田英正
冨安健洋
鎌田大地
吉田麻也
森保一
大迫勇也
旗手怜央
原口元気
スポルティング・リスボン
川崎フロンターレ
田中碧
久保建英
伊東純也
遠藤航
長友佑都
ドイツ代表
スペイン代表
コスタリカ代表
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ