欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

年末年始恒例“プレミア超過密日程” 「ビッグ6」の難易度を★5つで評価すると…最もツラいのは?

posted2020/12/26 17:02

 
年末年始恒例“プレミア超過密日程” 「ビッグ6」の難易度を★5つで評価すると…最もツラいのは?<Number Web> photograph by Getty Images

不調のアーセナル、そしてシティはともにチェルシー戦が控えるが、果たして?

text by

三重野翔大

三重野翔大Shodai Mieno

PROFILE

photograph by

Getty Images

 さて、今年もこの季節がやってきた。

 プレミアリーグ(EPL)では毎年恒例ともいえる、年末年始の過密日程。ボクシング・デー(12/26)をはじめリーグ戦の日程が集中する上に、カラバオカップ(EFL)、FA杯(FAC)も開催されるため、1~2週間にわたって中2、3日の連戦をこなさなければならない。

 欧州の舞台でも戦うトップクラブはCL、ELのグループステージを終えてほっとしたのも束の間、今度は国内での過酷なスケジュールが待っているのだ。

 リバプールのユルゲン・クロップやマンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラらは、度々この過密日程が「選手を殺す」と批判してきたが、今季も相変わらず監督泣かせのスケジュールとなった。

 現場の意に反して昨季から“2月”に設けられた“ウィンターブレイク”だが、今季はそれすらも満足に与えられない予定で、選手らは休みなく戦い続けなければならない。

マンCが8位、アーセナルがなんと15位

 通常より短いオフシーズン、通常より遅い開幕だったことで、20-21シーズンはここ数シーズンにおけるプレミアリーグの力関係を度外視した展開だ。

 ここまでアストンビラ、エバートンやサウサンプトンが上位争いを繰り広げ、マンチェスター勢が揃って中位なんて日もあった。第14節終了時点で王者リバプールが首位に立つ一方、マンチェスター・Cが8位、アーセナルはなんと15位で、これまでの勢力図は大きく歪みを見せている。

 2010年代のプレミアを牛耳ってきた「ビッグ6」にとっては、明暗がはっきり分かれる展開だが、来たる過密日程はこれまでの流れを一変させるいい機会だ。各クラブは年末年始をどのように過ごすのか、それぞれの日程を総ざらいしてみたい。

【次ページ】 野戦病院化のリバプールは意外と恵まれた?

1 2 3 4 NEXT
リバプール
マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド
トッテナム
アーセナル
チェルシー
アストンビラ
エバートン

海外サッカーの前後の記事

ページトップ