マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト指名ボーダーの選手たちを
大学の監督が自らプレゼン!3/4 

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph byKokugakuin University

posted2020/05/27 11:30

ドラフト指名ボーダーの選手たちを大学の監督が自らプレゼン!3/4<Number Web> photograph by Kokugakuin University

守備を武器にできるショートはプロでも貴重だ。國學院の小川龍成はプロで早い時期から出場機会を得る姿が想像しやすい選手だ。

「能力開発率でいったら50%」

「古川がもし遠慮なしにブンブン振ってきたら、ピッチャー怖いですよ。勝手にビビって失投くれますよ。彼、キャッチャーなんだから、捕手目線でそういう客観的な洞察ができてくると、捕手としてももうワンランク、アップできると思うんだけどなぁ……。

 高校までにあまり教わってない子だから、そのへんはまだ未開発部分、つまり伸びしろ。おかげさまで、ジャパンでプレーする機会もいただいてるんですけど、能力開発率でいったら、まだ50%ちょっとぐらいじゃないですか。僕の妄想ですけど」

 と、最後にアッと驚く将来ビジョンを明かしてくれた。

「古川って、一塁手で使っても打球の反応いいし、フットワークも本職の内野手と比べても、ぜんぜん遜色ないんです。僕、ショートで2年ぐらいプロで鍛えてもらったら、面白い大型ショートになれるんじゃないかなって、実は秘かに期待していて。肩も強いし、野球カンも鋭い。カーン! ってピッチャーの足元抜けたと思ったら、そこに古川が待ち構えていた……そんなショートになれる気がしてるんですよ」

 ね、最初に言った通りでしょ。

 上武大・谷口監督、エンジンかかってきたら、選手の話が止まらない、止まらない。

 次回の最終回は、一気に西下。

 東海から西日本の「候補」を取り上げる。

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
小川龍成
國學院大学
上出拓真
中山遥斗
横浜商科大学
藤村哲之
上武大学
古川裕大

大学野球の前後の記事

ページトップ