マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト指名ボーダーの選手たちを
大学の監督が自らプレゼン!3/4

posted2020/05/27 11:30

 
ドラフト指名ボーダーの選手たちを大学の監督が自らプレゼン!3/4<Number Web> photograph by Kokugakuin University

守備を武器にできるショートはプロでも貴重だ。國學院の小川龍成はプロで早い時期から出場機会を得る姿が想像しやすい選手だ。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Kokugakuin University

 例年なら“宝庫”となるはずの「東都」なのに、昨年のドラフトで指名されたのは、東洋大・佐藤都志也(捕手・ロッテ2位)と国士舘大・高部瑛斗(外野手・ロッテ3位)のたった2人。こんなこともあるのか……と驚いたが、今年は1部にも2部にも、魅力的な人材が豊富だ。

 中でも、國學院大・小川龍成遊撃手(172cm72kg・右投左打・前橋育英高)。堅実無比……好きなタイプの内野手、いやそんなあいまいな表現はしない。好きなタイプの「遊撃手」だ。

「そうなんです。まず、しっかり守れる。実戦力の高さなら、最近のウチからプロに進んだ内野手たちと比べても、彼らに匹敵するか、それ以上ですね」

 鳥山泰孝監督が就任して以来、10年間で何人も内野手をプロ球界に送り出している。DeNA・山下幸輝、柴田竜拓、楽天・山崎幹史……いずれも入団早々から高い守備力でチームの脇を締めている。

「アクロバチックなスーパープレーはないかもしれませんけど、自分の守備範囲に飛んでくる打球はまず間違いなくアウトにする。上のレベルになるほど、ピッチャーに信頼されるタイプのショートだと思います。連係プレー、サインプレー、自軍と相手チーム両方のダグアウトに意識が置ける選手。実戦の場の360°に対する配慮が行き届いてますからね、彼は」

プロ向きの人間性はいつもフラット?

 フィールディングに関しては、心配していることは何もないという。 

 これまで「宿題」だったバッティングも、この冬の練習で変わってきた。実はこの春、鳥山監督の大きな楽しみでもあった。

「去年、学生ジャパンの一員としてプレーして、上手い打者より怖い打者にならないと先がないって、実感したようです。失投したら放り込まれる……それぐらいの恐怖心を投手に与えられるぐらいのスイングの強さと打ち抜く意欲ですね。

 今までは、大事に打ちにいこうとしていた段階から、チャレンジの段階に来たっていうか、スイッチ入れるのが遅かったぐらいかも。そのへんのバッティングの変化を、この1年で見てもらいたかったんですけど……。試合がないぶん、みっちり練習できているのかもしれませんが」

 性格、人間性は間違いなくプロ向きと、鳥山監督が太鼓判を押す。

「表面的な威勢の良さとかそういうことじゃない。自分が見られているという意識をコントロールできるんです、小川は。見られてることを励みや緊張感にもできるし、意識し過ぎて気負ったり、逆にテングになることもない。いつもフラットな精神状態で、コンスタントに実力を発揮する。こういう選手が実はいちばんプロ向きなんじゃないかなって、最近そう思うんですよ」

【次ページ】 國學院にはプロ志望がもう2人。

1 2 3 4 5 NEXT
小川龍成
國學院大学
上出拓真
中山遥斗
横浜商科大学
藤村哲之
上武大学
古川裕大

大学野球の前後のコラム

ページトップ