マスクの窓から野球を見ればBACK NUMBER

ドラフト指名ボーダーの選手たちを
大学の監督が自らプレゼン!2/4

posted2020/05/26 11:30

 
ドラフト指名ボーダーの選手たちを大学の監督が自らプレゼン!2/4<Number Web> photograph by Hachinohe Gakuin University

八戸学院大の中道佑哉。線は細いが、逆に考えればここから体ができた時のパフォーマンスは計り知れない。

text by

安倍昌彦

安倍昌彦Masahiko Abe

PROFILE

photograph by

Hachinohe Gakuin University

 八戸学院大の「投」の二本柱は右腕・大道温貴に左腕・中道佑哉。

 よく似た名前の2人の快腕の1人、今回は中道佑哉投手(180cm70kg・左投左打・八戸学院野辺地西高)から始めよう。

「MAX142~3、アベレージでも135キロ前後。スライダーが2種類あって、ツーシームなんですかねぇ……右打者の外にスッと沈むのが、速いのと遅いの。それだけ持ってて、しかも“左”なんですよ。それでも、まだ自分に自信を持ちきれない。大道と比べてしまうのか、トレーニングやってもなかなか肉がつかない自分…中道自身が思い描いている自分のイメージにまだ届いてないんでしょうね、きっと」

正村公弘監督がじれったそうに語る。

大学入学前からの信頼関係。

 八戸学院大の付属の八戸学院光星、さらにその姉妹校の「八戸学院野辺地西高」の出身。その3年時に、ボコボコに打たれた練習試合を正村監督に見てもらって、野球のイロハを教わった。

「こっちが何か言っても、反応は薄いし、ウンでもなければスンでもない。それが半年経って、夏の練習会に来たら、フォームもよくなってるし、受け答えもハキハキして、前とぜんぜん違ってる。『何かあったの?』って訊いたら、教わったこと、そのままやってたら、こうなりました。だって(笑)」

 入学前から、導く者と教わる者の間に信頼関係があった。

「フォームでいえば、ちょっとアーム式みたいな腕の上がりが嫌だったんですけど、彼、肩甲骨の可動域がやたら広いんですよ。だから、リリースの時は全体のバランスがピタッと間に合っちゃう。だから、そのままにしといたんですけど、それがよかったのかもしれませんね」

【次ページ】 左腕の条件が4つ揃っている。

1 2 3 4 5 NEXT
八戸学院大学
中道佑哉
東日本国際大学
佐々木大輔
齋田海斗

大学野球の前後のコラム

ページトップ