ワインとシエスタとフットボールとBACK NUMBER

トルシエがチリ戦後に指摘した弱点。
「ベルギー戦のラストを思い出す」 

text by

田村修一

田村修一Shuichi Tamura

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2019/06/20 11:00

トルシエがチリ戦後に指摘した弱点。「ベルギー戦のラストを思い出す」<Number Web> photograph by Getty Images

トルシエが評価した上田綺世。チリの屈強なマーカーに苦しんだが、フィニッシュまで持ちこんだ。

守備で言えば植田と冨安は良かった。

――しかし先制点を決めれば状況は変わりますから、ウルグアイ戦もそうなったら少し違う戦い方にはなりませんか?

「その通りで、チリ戦にしても2-1にしていたら同じ試合にはならなかった。そのためのチャンスは何度もあった。日本は得点を決めていてしかるべきだった。試合とはそれだけデリケートなものだ。前半のチリは自信を持ってプレーしていなかった。

 いずれにせよ得点はすべてを変える」

――守備についてはどう見ましたか。ちょっとナイーブなところもありませんでしたか?

「いや、チームはもの凄く攻撃的にプレーしたから、守備もまた攻撃的な守備だった。植田と冨安は良かったし、原も悪くなかった。選手それぞれに関して言えば、日本は良かったといえる。守備もよくやっていた。

 唯一の難点は、ボールを前に速く運ぼうとしすぎることだった。もう少しゲームをコントロールする感覚があっても良かったが、プレーのスピードを意識しすぎていたように思う。もっとバライエティは欲しいところだ」

――わかりました。そのあたりに注目して次のウルグアイ戦を見たいと思います。メルシー、フィリップ。
 

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
フィリップ・トルシエ
上田綺世
久保建英
森保一
冨安健洋
植田直通

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ