Number ExBACK NUMBER

20年ぶりのコパ・アメリカ取材!
ドバイ経由25時間空の旅の果て……。

posted2019/06/20 10:30

 
20年ぶりのコパ・アメリカ取材!ドバイ経由25時間空の旅の果て……。<Number Web> photograph by Kei Totsuka

コパ・アメリカの日本の初戦、対チリ戦が行なわれたモルンビースタジアムの記者席。バックスタンドのコーナー付近の上からピッチを撮影。

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph by

Kei Totsuka

 いやあ、遠い。南米ははるか彼方だ。

 どんなルートを辿っても、10時間以上のフライトを2本乗ることになる。

 身体はもちろん、気持ちが疲弊する。目的地に着いたその日の僕は、ほとんど遣いものにならないのがパターンだった。

 サッカー日本代表が出場中のコパ・アメリカに来ている。開催国のブラジルを訪れるのは2013年以降で4度目となり、そのすべてでエミレーツ航空を利用している。

 成田でも羽田でも出発は夜だ。当日も仕事ができるのが嬉しい。

 サンパウロ着は夕方なので、ホテルにチェックインしたら身体を休めて明日以降に備える。時間の使いかたに無駄がない。

 森保一監督と選手たちも、エミレーツ航空でブラジル入りした。海外遠征へ向かうサッカーの代表チームは、男女や世代を問わずにドバイ経由が少なくない。目的地が南米でもヨーロッパでも、乗り継ぎや到着後の行動がスムースなのだろう。

 今回はビジネスクラスで移動した。6月15日の22時に成田を発った。およそ11時間のフライトで中東のハブ空港ドバイへ着くと、約5時間のトランジットになる。ビジネスクラス専用のラウンジへ向かう。

 現地時間は早朝のためか、身体を横にできるスペースがほぼ埋まっていた。その代わりに、ソファーの並ぶ空間にはたっぷりとしたゆとりがある。

 電源を確保してパソコンを立ち上げメールを受信しつつ、その前の晩に行われたJリーグの映像をチェックする。いつもなら完全に持て余してしまう5時間も、シャワーを浴びて朝食を食べ、食後のコーヒーを飲んだりしているうちに搭乗時間に近づいていった。

14時間のフライト中にストレッチ。

 ドバイからサンパウロまでは14時間強である。ここからがキツい。ブラジル時間に合わせて、フルフラットのシートで睡眠をとる。

 飛行機でも新幹線でも、2、3時間乗ると左膝の機嫌が悪くなる。フルマラソンを走っても何ともないのに、座りっぱなしだとぐずぐずと文句を言うのだ。

 それがどうだろう。この日はいたって機嫌がいい。左膝だけでなく身体全体の凝りが、圧倒的に少ないのだ。シートで横になっているだけでなく、バースペースでストレッチができた(ちょっと遠慮気味に、だが)のも良かった。

 サンパウロには定刻より少し早めの16時40分に到着し、スーツケースをピックアップしてホテルへ。疲労は少なくても疲れがないとは言えないので、アルコールの力も借りて22時半にはベッドに入る。

 ……ところが、3時半には目が覚めてしまった。一般的に時差とは1日に1時間ずつ抜けていくもので、日本とブラジルの時差は12時間ある。5時間は寝ているのだから、上出来かもしれない。

【次ページ】 参加国数で揺れ動いてきたコパ・アメリカ。

1 2 3 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

森保一

サッカー日本代表の前後のコラム

ページトップ