月刊スポーツ新聞時評BACK NUMBER

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。
プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。 

text by

プチ鹿島

プチ鹿島Petit Kashima

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2016/11/01 11:30

“活字野球”で味わう日本Sとドラフト。プチ鹿島10月のスポーツ新聞時評。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

死球を受けて激昂する日本ハムの岡と、彼をなだめようと必死の広島・石原。

日本ハムが指名すれば「田中の右肩は問題なし」。

《日本ハムは創価大と太いパイプがある。創価大の岸監督の息子がフロントにいるし、過去に小谷野(現オリックス)、八木(現中日)、大塚ら創価大出身の選手を多く獲得している。》

 このような記事はドラフトが近づくにつれて各所でみられた。田中情報に精通している日ハムは果たして指名するのか否か。指名したら「田中の右肩は問題なし」、指名しなければ「田中の右肩は不安……」という論調。

 果たして日ハムは田中正義を指名。マスコミの「注目ポイント・日ハム説」で言えば、田中の肩は問題なさそうである。

 それにしても、日ハムはグランド外でもマスコミの主役となっていることがわかる。

 ドラフトの見出しで面白かったのはコレ。

「柳は竜 星野 憲伸 エースの道」(日刊スポーツ・10月21日)

 中日1位の柳裕也は、明大でエース兼主将を務めて中日入り。星野仙一、川上憲伸が歩んだ道と同じである。これを称して日刊スポーツは「3代目明治ソウルピッチャーになる」と書いた。もちろん元ネタは「三代目 J Soul Brothers」。スポーツ紙ここにあり、という力技でした。

 日本シリーズが終わり、野球はストーブリーグ突入へ。さまざまな情報や噂が飛び交うオフシーズンこそ、スポーツ新聞の季節とも言える。

 11月は何が起きる!?

 以上、10月のスポーツ新聞時評でした。

関連記事

BACK 1 2 3 4
西川遥輝
黒田博樹
大谷翔平
大下剛史
野村克也
石原慶幸
栗山英樹
平沢大河
田中正義
今井達也
佐々木千隼
寺島成輝
藤平尚真
柳裕也
広島東洋カープ
北海道日本ハムファイターズ
千葉ロッテマリーンズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ