野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

イケてるブランドと続々コラボ。
いま“プロ野球”がおしゃれなのか!? 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byXLARGE/Hidenobu Murase

posted2012/02/21 10:30

イケてるブランドと続々コラボ。いま“プロ野球”がおしゃれなのか!?<Number Web> photograph by XLARGE/Hidenobu Murase

XLARGEのプロ野球コラボモデル。カラーは球団カラーと白、黒。3月下旬に各5250円で発売予定とのこと。ベイスターズはキャラクターが決まっていないのでこれから、バファローズはデザイン検討中、ジャイアンツは今のところ無いけど……と、もろもろ進行中ですので、要注目です!

応援ファッションはブランドとのコラボTシャツで。

 そして、おしゃれへの価値観が激変したのは観客側とて同じ。'80年代などはユニフォームを着て応援する人など限られた人しかいなかったのが、いまでは外野席ともなればユニフォームを着ない方が少数派である。球団のグッズコーナーには多種多様なアパレルが並び、スタンドには色とりどりのプロ野球ファッションに身を包んだファンの姿。

 いや、それだけではない。野球界のアパレル事情の中でも最近、特に目立ち始めたものがある。

 プロ野球とアパレルブランドとのコラボレーションである。

「サッカーやバスケなどファッション性のあるスポーツとは違い、プロ野球は"ダサい"というイメージが強烈についてしまったし、オッサンのものというイメージがあるから、下手に野球とかかわったらブランドイメージまで壊されてしまう可能性がある。それに、どんなにいい服を出しても着る人が球団の公式Tシャツをヨレヨレになっても着続けているようなダサい人だったら……」

 数年前、球場で共に観戦していた大手アパレルメーカーに勤める知人がそんなことを漏らしていたことを思い出す。「ナニヲ!」といきり立ったが、その時着ていた球団パーカーの襟がビヨビヨだったことで「その通り、ごめんなさい」と白旗を上げ、その夜の枕を濡らしたことは苦い思い出だ。

NPB11球団とのコラボTシャツを発売するXLARGE。

 だからこそ、近年巻き起こっている有名ブランドとのコラボの波はプロ野球が持つブランドイメージの変化というものをより強く感じさせるのである。しかし、何の利があってブランド側はプロ野球とのコラボレーションなんてはじめたのだろうか。

 '91年にL.A.で誕生して以来、アメリカのみならずワールドワイドなストリートカルチャーをリードしてきた「XLARGE」。「普段着ではなくファッションとしての実用なウェアを表現する」というユニークな視点を提示し、MUSIC、ART、SKATEBOARDINGなどのカルチャーを取り入れたオリジナルなファッションスタイルを生み出し続けるストリートウェアの革新者にしてパイオニアである。

 ……リリースを書き写しただけで申し訳ない。だが、しかし、この10代~20代の若者を中心に人気のストリートブランドが、昨年5月に何を思ったか、巨人を除くプロ野球11球団とのコラボTシャツを発売。これまでも単発でのプロ野球コラボこそ存在はしたが、大々的にプロ野球とのコラボを打ち出したのである。

 このコラボの経緯について、販売元である株式会社ビーズインターナショナル販売促進部の照屋健太郎氏に話を聞いた。

【次ページ】 3月の開幕に合わせて第3弾のTシャツ発売が決定!

BACK 1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

読売ジャイアンツ
東京ヤクルトスワローズ
阪神タイガース
広島東洋カープ
横浜DeNAベイスターズ
中日ドラゴンズ
千葉ロッテマリーンズ
北海道日本ハムファイターズ
埼玉西武ライオンズ
オリックス・バファローズ
福岡ソフトバンクホークス
東北楽天ゴールデンイーグルス

プロ野球の前後のコラム

ページトップ