欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

不安露呈プレミア6強が低調 最強の伏兵レスターが優勝しても“おとぎ話再現”ではない理由

posted2020/11/25 06:00

 
不安露呈プレミア6強が低調 最強の伏兵レスターが優勝しても“おとぎ話再現”ではない理由<Number Web> photograph by Getty Images

いまだ決定力十分のバーディー。ロジャース監督率いるレスターは前回優勝時のような“超アウトサイダー”ではないのは確かだ

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 9試合を消化した今季のプレミアリーグ。11月23日時点のビッグ6を整理してみよう。

【リバプール】
 ビルヒル・ファンダイクとジョー・ゴメスが今シーズンの大半を棒に振る重傷を負い、モハメド・サラーは新型コロナウイルスに感染した。

【マンチェスター・シティ】
 セルヒオ・アグエロがまたしてもハムストリングを負傷。原因は太りすぎか。左サイドバックの人材不足も解消できていない。

【マンチェスター・ユナイテッド】
 基本システム、コンセプト、適材適所など、オーレ・グンナー・スールシャール監督のチーム作りは依然として不明瞭だ。

【チェルシー】
 夏の大型補強は功を奏しつつあるものの、選手間の共通理解度はまだ低い。フランク・ランパード監督の修正力にも一抹の不安がある。

【トッテナム】
 ギャレス・ベイルとピーエル・エミル・ホイビェアの補強により中盤と前線の選手層が充実する一方、センターバックはあまりにも脆弱だ。

【アーセナル】
 攻撃力激減。9得点はリーグ15番目の少なさ。ミケル・アルテタ監督はバランスを手に入れたが、前線の配置に大きな問題が生じている。

 つまり、6チームのいずれもが本領を発揮するまでには至っていない。

【次ページ】 どこも“完璧”な状態ではない

1 2 3 4 NEXT
リバプール
マンチェスター・シティ
マンチェスター・ユナイテッド
チェルシー
トッテナム
アーセナル
レスター
ブレンダン・ロジャーズ
ジェイミー・バーディー
ウィルフレッド・ディディ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ