プロ野球亭日乗BACK NUMBER

プレミア12決勝の前哨戦。手の内を
隠した韓国、データを集めた日本。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/11/17 12:40

プレミア12決勝の前哨戦。手の内を隠した韓国、データを集めた日本。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

韓国打線のデータ収集など、決勝に向けた役割をしっかりと果たした先発の岸。

指揮官の自信に満ちた声。

 先発を入れ替えるなど韓国が、この前哨戦で手の内を隠そうという戦略なら、日本は積極的に自分たちの野球をやるための準備に使ったわけだ。

 打線に関しては3回に先頭の坂本勇人内野手(巨人)が二塁打で出塁すると、3番に入った丸佳浩外野手(巨人)に送りバント(結果は内野安打)。さらには5点を奪ってなお1死一、三塁の場面で一塁走者の外崎修汰内野手(西武)を走らせて、韓国バッテリーの反応を見るなど、あの手この手で相手の手の内を引き出す動きをみせた。

「とにかく今日は雑にいかないでおこうと。明日に向けてということはできたと思う」

 こう満足げに語った試合後の稲葉監督の言葉も、こうしたこの試合の狙いを踏まえてのものだったと言えるだろう。

 ポジティブに決勝戦への“消化試合”を戦ったジャパン。

「決勝という素晴らしい場所で、悔いのないように。とにかく全員で結束力を持って、一戦を戦っていきます」

 10年ぶりの世界一へ。指揮官の自信に満ちた声が轟いた。
 

関連コラム

BACK 1 2 3 4
稲葉篤紀
岸孝之
会沢翼
小林誠司
甲斐拓也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ