會澤翼 

11連敗の翌日に「カープ特集」を発売した、Number編集長の告白。

Number Ex

11連敗の翌日に「カープ特集」を
発売した、Number編集長の告白。

ここだけの話、正直言って、こうまで負けが込むとは予想していませんでした。交流戦最下位に終わっても、チーム月間最多勝を記録… 続きを読む

宇賀康之(Number編集長)Yasuyuki Uka

プロ野球

2019/07/11

カープの「幹」を担う重責に抗って。誠也が復帰、あとは田中広輔だけだ。

炎の一筆入魂

カープの「幹」を担う重責に抗って。
誠也が復帰、あとは田中広輔だけだ。

4月27日、神宮。6日ぶりに実戦の打席に立った鈴木誠也は、右肘でリズムをとりながら相手投手と対峙した。これまでの打撃フォーム… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2019/04/29

カープ會澤翼の“漢気”と理想像。打てて守れる、勝てる捕手として。

炎の一筆入魂

カープ會澤翼の“漢気”と理想像。
打てて守れる、勝てる捕手として。

平成が終わりを告げようとしている。平成で黄金期を築いた球団には、そのチームを支えた名捕手がいた。西武には伊東勤、ヤクルト… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2019/04/27

10年前のドラフトから考える広島。優勝は分離ドラフトのおかげ!?

“Mr.ドラフト”の野球日記

10年前のドラフトから考える広島。
優勝は分離ドラフトのおかげ!?

2016年からリーグ3連覇をしているが、1998~2012年までの15年間Bクラスの底で喘いでいたのはドラフトの失敗があったからだ。それ… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

プロ野球

2018/10/07

<カープ正捕手の哲学>會澤翼「扇の要は怯まない」

Sports Graphic Number Special

<カープ正捕手の哲学>
會澤翼「扇の要は怯まない」

球界随一の「打てる捕手」としてカープの躍進を支えているプロ12年目。投手陣の信頼を得られるようになったのはあるエースの一言… 続きを読む

日比野恭三Kyozo Hibino

プロ野球

有料

2018/10/02

当たり前のように勝つ広島の強さは、当たり前のように走る新井にあり!

炎の一筆入魂

当たり前のように勝つ広島の強さは、
当たり前のように走る新井にあり!

ビジネス書を手に取ると、「当たり前のことが当たり前にできることが成功への道」などと書かれている。分かっていてもできていな… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2018/09/04

カープの“下位打線”は甘くない。野間、會澤、西川が果たす役割。

炎の一筆入魂

カープの“下位打線”は甘くない。
野間、會澤、西川が果たす役割。

2018年シーズンも終盤に突入した8月15日、広島に優勝マジックが点灯した。開幕から投手陣が安定せず、チーム防御率は4点台。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2018/08/19

カープは3連覇&日本一へ団結する。10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

炎の一筆入魂

カープは3連覇&日本一へ団結する。
10ゲーム差の「苦しい年」を越えて。

「広島は強かった」――。2017 年のセ・リーグペナントレースを振り返るとき、多くの人がそう答えるだろう。確かに、2位阪神に10… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2018/01/02

カープの教え子は「日本一で恩返し」。去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

炎の一筆入魂

カープの教え子は「日本一で恩返し」。
去りゆく石井琢朗コーチの思い出。

別れは突然やってくる。互いに恋い焦がれても、別の道を歩む決断を下すときもある。別れとはそういうものだ。ただ、広島と石井琢… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2017/10/17

37歳・石原慶幸vs.29歳・會澤翼!広島を牽引する2人の熱血捕手。

炎の一筆入魂

37歳・石原慶幸vs.29歳・會澤翼!
広島を牽引する2人の熱血捕手。

ユニホームの左腕に輝く優勝エンブレムがまぶしい。前年王者の広島は4月中旬、15試合を終えた時点で11勝3敗1分けという好スター… 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2017/04/20

今年のトリプルスリーは広島から?内川に師事した鈴木誠也が覚醒宣言。

プロ野球PRESS

今年のトリプルスリーは広島から?
内川に師事した鈴木誠也が覚醒宣言。

新井貴浩が目を丸くして送球の行方を追った。ジャンプして何とか球を受けた捕手・會澤翼も驚きの表情を浮かべた。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2016/02/13

もうひとりの“帰ってきた男”、1年間広島を支えた新井貴浩の献身。

プロ野球PRESS

もうひとりの“帰ってきた男”、
1年間広島を支えた新井貴浩の献身。

黒田博樹が現役選手最高年俸6億円で契約更改した前日、もうひとりの“帰ってきた男”が契約を更改した。 続きを読む

前原淳Jun Maehara

プロ野球

2015/12/23

ページトップ