プロ野球亭日乗BACK NUMBER

プレミア12決勝の前哨戦。手の内を
隠した韓国、データを集めた日本。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2019/11/17 12:40

プレミア12決勝の前哨戦。手の内を隠した韓国、データを集めた日本。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

韓国打線のデータ収集など、決勝に向けた役割をしっかりと果たした先発の岸。

残像を植え付ける意図。

「細かなことは言えませんが、先発の岸さんも『僕のことは気にしないでリードして』と言ってくれたので」

 試合後に会沢がこう語ったように、まずは相手打者の反応をしっかり確かめる組み立てをバッテリーができた。

 そしてもう1つは打たれた中でも、抑えるべき選手には決勝に向けてしっかりと残像を植え付ける意図も見えたこともこの日のバッテリーの収穫だったはずだ。

3人の捕手に打者の反応を見させた。

 先発を大幅に入れ替えた韓国打線の中で、あえて3番の金宰煥外野手と4番に起用された朴炳鎬内野手への配球だ。

 この3、4番コンビはこの大会では不振に悩み、金は前日のメキシコ戦が終わった時点での打率は1割5分8厘、朴も同2割と当たりが止まっていた。

 この試合で先発起用したのにも、韓国ベンチが復調のきっかけを求めたことは明らかだった。

 その中でこの日の日本チームのバッテリーはそれぞれに1安打は許したものの、しつこく内角にボールを配してきちっと残像を残す配球を行っていた。

「具体的なことは言えないですけど、その辺のことも含めて決勝戦につながる配球はできていたと思う」

 その点には村田コーチも納得の表情を見せた。

 そうして先発の会沢から甲斐、小林と3人の捕手にそれぞれマスクを被らせ、韓国の打者の反応を実際にマスク越しに見させたことで、決勝での交代にも幅を持たせる準備もできている。

【次ページ】 指揮官の自信に満ちた声。

BACK 1 2 3 4 NEXT
稲葉篤紀
岸孝之
会沢翼
小林誠司
甲斐拓也

プロ野球の前後のコラム

ページトップ