甲子園の風BACK NUMBER

“アゲアゲホイホイ”の大ブーム!
夏の甲子園、注目のブラバン応援紹介。 

text by

梅津有希子

梅津有希子Yukiko Umetsu

PROFILE

photograph byYukiko Umetsu

posted2017/08/04 07:00

“アゲアゲホイホイ”の大ブーム!夏の甲子園、注目のブラバン応援紹介。<Number Web> photograph by Yukiko Umetsu

2020年には共学になる予定の横浜高校。男子校ならではの迫力ある応援がどのように変わるのかは未知数だ。

約10キロの巨大楽器を頭上でクルクル回す絶技も!

 視覚的に華やかで楽しいのは、なんといっても前橋育英の「スーザフォン回し」だろう。

 チューバ奏者が担当する、白くて大きな朝顔の花のような低音楽器を頭上でクルクル回すというもので、得点が入るたびに約10キロのスーザフォンを軽々と回す姿は必見。

 もともとはマーチングの技の一種で、マーチングの大会では、早稲田摂陵のパフォーマンスが有名だ。

 ブラバン応援も、見どころ・聴きどころ満載の今夏の甲子園。

 アルプススタンドからグラウンドの選手たちに心からのエールを送る吹奏楽部にも、ぜひご注目を!

8月4日(金) 放送のNHKラジオ第1「開幕直前!甲子園をもっと楽しめる『ブラバン応援』スペシャル」(19時40分~)では、梅津氏と甲子園実況の名物アナ・小野塚康之氏も出演し、今夏のブラバン応援の聴きどころを徹底解説。天理の『ワッショイ』や『ファンファーレ』、智辯和歌山の“魔曲”『ジョックロック』など、史上初・各校吹奏楽部による<本物の演奏>でお送りします! 全国の甲子園ブラバンファン、吹奏楽ファンは、お聴き逃し無く!
『Number甲子園ベストセレクションI 9人の怪物を巡る物語』 特設ページ

Number Books

『Number甲子園ベストセレクションI 9人の怪物を巡る物語』

PL学園とKK伝説、怪物・松坂大輔の快投、松井秀喜への連続5敬遠、“ハンカチ王子”斎藤佑樹と早実の覚醒、現代の怪物・清宮幸太郎の将来性――甲子園で生まれた歴史に残る名勝負と9人の怪物を巡る物語が、ここに蘇る!

定価:本体1,400円+税特設ページへ

関連記事

BACK 1 2 3 4
北海高校
花咲徳栄高校
木更津総合高校
高岡商業高校
青森山田高校
神戸国際大付属高校
天理高校
大阪桐蔭高校
前橋育英高校
智弁和歌山高校

高校野球の前後の記事

ページトップ