野球 

甲子園から解放された表情が楽しい。U-18で目を引いた西純矢の大器感。

マスクの窓から野球を見れば

甲子園から解放された表情が楽しい。
U-18で目を引いた西純矢の大器感。

7日、「U18ワールドカップ」は高校日本代表がスーパーラウンドのオーストラリア戦に1-4で敗れ、奮戦かなわず5位に終わった。 続きを読む

安倍昌彦Masahiko Abe

2019/09/12

鳥谷敬の引退勧告は「冷たい」か?ベテランの進退に求められること。

草茂みベースボールの道白し

鳥谷敬の引退勧告は「冷たい」か?
ベテランの進退に求められること。

これは生え抜きの功労者への冷たい仕打ちなのか。それともせっかく用意された花道を踏みにじる行為なのか。阪神の鳥谷敬の去就が… 続きを読む

小西斗真Toma Konishi

2019/09/12

投手起用に疑問が残ったU-18W杯。「世界一」より優先すべきこと。

甲子園の風

投手起用に疑問が残ったU-18W杯。
「世界一」より優先すべきこと。

9月8日まで韓国で開催されていたU-18ベースボールワールドカップで、初の世界一を目指した日本は5位で大会を終えた。 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/09/12

原辰徳インタビュー(3)「監督の気持ちでやる選手を何人作れるか」

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(3)「監督の
気持ちでやる選手を何人作れるか」

ペナントレースは残り1カ月を切り、4年ぶりの覇権奪回をかけた巨人の戦いは、いよいよラストスパートに入る。原辰徳監督へのロン… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/11

不屈の男・ヤクルト館山昌平が引退。右肘手術前に明かした丸刈りの理由。

プロ野球PRESS

不屈の男・ヤクルト館山昌平が引退。
右肘手術前に明かした丸刈りの理由。

東京ヤクルトスワローズ館山昌平、引退へ。この一文を見た時、こんなシーンを思い出した。「タテ、どうして丸刈りにしてるの?」… 続きを読む

田中大貴Daiki Tanaka

2019/09/10

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、岡本和真への「非情采配」の真意。

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(2)坂本勇人、
岡本和真への「非情采配」の真意。

4年連続で優勝から遠ざかっているチームをV字回復させて優勝へとチームを引っぱる巨人・原辰徳監督のロングインタビュー第2回。… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/10

原辰徳インタビュー(1)「鳴かぬなら鳴くまで待たず選手を替える」

プロ野球亭日乗

原辰徳インタビュー(1)「鳴かぬ
なら鳴くまで待たず選手を替える」

今年の巨人は強い。3年連続で広島の天下が続いたセ・リーグ。しかし今季はペナントレース終盤の9月を迎えて、久々に巨人が首位を… 続きを読む

鷲田康Yasushi Washida

2019/09/09

前田健太、プレーオフ前の恒例行事。リリーフ転向を支える圧倒的な数字。

メジャーリーグPRESS

前田健太、プレーオフ前の恒例行事。
リリーフ転向を支える圧倒的な数字。

ドジャースの前田健太投手が、残りのシーズンで先発から救援に回るというニュースが流れたのは、9月2日(日本時間3日)のことだ… 続きを読む

ナガオ勝司Katsushi Nagao

2019/09/08

憧れの田中将大との初対決前日に。菊池雄星が先輩から学んだこと。

メジャーリーグPRESS

憧れの田中将大との初対決前日に。
菊池雄星が先輩から学んだこと。

真剣勝負でも、ずっと待ちわびていた、幸せな時間だった。8月27日。マリナーズ菊池雄星にとって、日米を通じて初めてヤンキース… 続きを読む

四竈衛Mamoru Shikama

2019/09/07

大谷翔平、打率4割台から1割台も「いい発見があれば」と前向きな訳。

メジャーリーグPRESS

大谷翔平、打率4割台から1割台も
「いい発見があれば」と前向きな訳。

9月4日。ついに打順は「5番」に下げられた。打者として5月7日に復帰して以来、スターティングラインナップに名を連ねた際には84… 続きを読む

笹田幸嗣Koji Sasada

2019/09/07

「甲子園とは違う緊張」も18三振。奥川恭伸は賞賛にも気を抜かない。

甲子園の風

「甲子園とは違う緊張」も18三振。
奥川恭伸は賞賛にも気を抜かない。

圧巻としか言いようのない投球だった。夏の甲子園決勝を投げ抜いた8月22日から、ちょうど2週間が経過したU-18ベースボールワール… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2019/09/06

西の人的補償でやってきた竹安大知。新天地オリックスで向上した修正力。

猛牛のささやき

西の人的補償でやってきた竹安大知。
新天地オリックスで向上した修正力。

「カルチャーショックでしたね」オリックスで初めて練習に参加した時のことを、竹安大知はこう振り返る。竹安は、昨年オリックス… 続きを読む

米虫紀子Noriko Yonemushi

2019/09/06

日本人対決で菊池雄星を圧倒!田中将大が見せた「残像」の妙。

メジャーリーグPRESS

日本人対決で菊池雄星を圧倒!
田中将大が見せた「残像」の妙。

現地時間8月27日(日本時間28日)、2年ぶりの日本投手対決で注目されたヤンキース・田中将大とマリナーズ・菊池雄星の投げ合いは… 続きを読む

木崎英夫Hideo Kizaki

2019/09/05

野手軽視の今季ドラフトに待った!過去5年の“成功”を見てみると……。

“Mr.ドラフト”の野球日記

野手軽視の今季ドラフトに待った!
過去5年の“成功”を見てみると……。

今年のドラフトは投手の上位指名が多いと言われる。高校生の佐々木朗希(大船渡)、奥川恭伸(星稜)、西純矢(創志学園)、大学… 続きを読む

小関順二Junji Koseki

2019/09/05

球団史上最速タイの158キロを記録。西武・平良海馬はマウンド度胸満点。

プロ野球PRESS

球団史上最速タイの158キロを記録。
西武・平良海馬はマウンド度胸満点。

平良海馬が投じた1球に、球場には割れんばかりの歓声が響く。観客のどよめきは、その後、大きな拍手に変わり、試合の流れまでも… 続きを読む

市川忍Shinobu Ichikawa

2019/09/05

甲子園にも、侍ジャパンにもいない。京都で見た、プロ志望の逸材遊撃手。

甲子園の風

甲子園にも、侍ジャパンにもいない。
京都で見た、プロ志望の逸材遊撃手。

「高校生のショートの中で守備は群を抜いてナンバーワンですよ」スカウトからこう評される遊撃手は、甲子園の土も踏んでいなけれ… 続きを読む

高木遊Yu Takagi

2019/09/04

パの規定投球回到達がたった4人。原因は打高投低、人材不足なのか。

酒の肴に野球の記録

パの規定投球回到達がたった4人。
原因は打高投低、人材不足なのか。

8月が終わり、勝負の9月を迎えている。ここへきてNPBの「記録」にちょっとした異変が起きている。パ・リーグの規定投球回数到達… 続きを読む

広尾晃Kou Hiroo

2019/09/04

ある会食で渡された一枚の戦闘服。日本ハムの頂点には栗山監督がいる。

ファイターズ広報、記す。

ある会食で渡された一枚の戦闘服。
日本ハムの頂点には栗山監督がいる。

闇は光の母——。日本が誇る巨匠、詩人の谷川俊太郎さんの詩のタイトルである。読み解くと大意が、奥深い。広報の立場ではあるが… 続きを読む

高山通史Michifumi Takayama

2019/09/03

甲子園の48本塁打、メーカーはどこ?バットは2強、スパイクはアシックス。

野ボール横丁

甲子園の48本塁打、メーカーはどこ?
バットは2強、スパイクはアシックス。

多くのアスリートにとって、もっとも大事な用具は何か。その答えは、シューズであり、スパイクである。 続きを読む

中村計Kei Nakamura

2019/09/03

1カ月で復帰した高橋周平の責任感と二つのポジション。~ドラゴンズのキャプテンとして~

SCORE CARD

1カ月で復帰した高橋周平の
責任感と二つのポジション。
~ドラゴンズのキャプテンとして~

8月15日、セ・リーグ打撃成績の一覧からドラゴンズの高橋周平の名前が消えた。打率2位の.319は、規定打席に満たない数字となって… 続きを読む

石田雄太Yuta Ishida

有料

2019/09/03

プロ野球
MLB
高校野球

ページトップ