Jをめぐる冒険 

浦和と川崎の“ミラーマッチ”分析。似てるのは形だけ、似てないものは?

Jをめぐる冒険

浦和と川崎の“ミラーマッチ”分析。
似てるのは形だけ、似てないものは?

鏡のようで、実は違う――。11月7日のJ1セカンドステージ16節、1-1のドローに終わった浦和レッズ対川崎フロンターレ戦は、そん… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/11

何度でも甦る鹿島、ナビスコ杯優勝。2年間の世代交代が実り、黄金期へ。

Jをめぐる冒険

何度でも甦る鹿島、ナビスコ杯優勝。
2年間の世代交代が実り、黄金期へ。

キャプテンの小笠原満男が貴賓席の前で優勝カップを掲げ、ゴール裏を真紅に染めたサポーターが咆哮する――。まるでデジャヴのよ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/02

J1初残留達成の湘南・曹監督の哲学。目先の結果より、成長を志した末に。

Jをめぐる冒険

J1初残留達成の湘南・曹監督の哲学。
目先の結果より、成長を志した末に。

ペンを握る手に思わず力が入ったのは、10月17日のFC東京対湘南ベルマーレ戦、終盤でのことだった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/10/22

U-22選抜に五輪予選チームが集結。J3町田に完敗した、有意義な経験。

Jをめぐる冒険

U-22選抜に五輪予選チームが集結。
J3町田に完敗した、有意義な経験。

シルバーウイーク最終日の9月23日に行なわれたJ3・30節。2位の町田ゼルビアと12位のJリーグ・U-22選抜のカードがいつも以上の観… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/09/26

生まれ変わったFC東京の“正念場”。「万年中位」か、真の強豪となるか。

Jをめぐる冒険

生まれ変わったFC東京の“正念場”。
「万年中位」か、真の強豪となるか。

FC東京が正念場を迎えている。そう言うと、J2降格の危機にでも瀕しているかのようだが、そんなことはない。それどころか第1ステ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/09/18

フィジカル、運動量、タフ、デュエル。遠藤航が“真のA代表”に約束の選出。

Jをめぐる冒険

フィジカル、運動量、タフ、デュエル。
遠藤航が“真のA代表”に約束の選出。

フィリップ・ラームといえば、言わずと知れたドイツの名門、バイエルン・ミュンヘンのキャプテンだ。'10年、'14年のワールドカッ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2015/09/02

鹿島・石井監督の会見で起きた拍手。“ジーコ・スピリット”は再び宿るか。

Jをめぐる冒険

鹿島・石井監督の会見で起きた拍手。
“ジーコ・スピリット”は再び宿るか。

カップ戦ならともかく、リーグ戦でこれほど拍手が起こるのも珍しい。鹿島アントラーズの新指揮官、石井正忠監督の記者会見のこと… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/07/29

Jでついに芽を出し始めたU-22世代。前田、浅野、喜田に続くのは誰か。

Jをめぐる冒険

Jでついに芽を出し始めたU-22世代。
前田、浅野、喜田に続くのは誰か。

2015シーズンも気がつけばもう折り返し地点。7月8日の水曜日にはJ2の後半戦が、11日の土曜日にはJ1の第2ステージがスタートする… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/07/07

“スタンダード”が揺らぐ川崎の苦悩。何故パスはつながらなくなったのか。

Jをめぐる冒険

“スタンダード”が揺らぐ川崎の苦悩。
何故パスはつながらなくなったのか。

いるはずの男が、そこにいなかった。 6月7日の川崎フロンターレ対湘南ベルマーレ戦。先頭を切って入場してきたのは、腕章を巻い… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/06/15

なぜ武藤嘉紀にボールが転がるのか。「持ってる」を演出する複数の要素。

Jをめぐる冒険

なぜ武藤嘉紀にボールが転がるのか。
「持ってる」を演出する複数の要素。

右足の裏側にはテーピングがビッシリと貼られている。満身創痍、疲労困憊……。それでも試合を決めてしまった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/05/23

佐藤寿人が中村憲剛を徹底マーク!?広島は“らしさ”よりも勝利を選ぶ。

Jをめぐる冒険

佐藤寿人が中村憲剛を徹底マーク!?
広島は“らしさ”よりも勝利を選ぶ。

ゴールデンウイーク最終日に行われた川崎フロンターレ対サンフレッチェ広島。川崎のコントロールタワー、中村憲剛がボールを持つ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/05/10

元J1組との6連戦で岡山が得た自信。湘南・松本の系譜を引く「前方型」。

Jをめぐる冒険

元J1組との6連戦で岡山が得た自信。
湘南・松本の系譜を引く「前方型」。

J2の日程が発表された際には「試練の6連戦」に思えたかもしれないが、終わってみれば、今シーズンを戦う上で「やれる」との確信… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/04/24

小野伸二、宮市亮、オリヴェイラ。アンドレ・バイアを日本に導いた縁。

Jをめぐる冒険

小野伸二、宮市亮、オリヴェイラ。
アンドレ・バイアを日本に導いた縁。

『Number』最新号でラモス瑠偉が“日本人選手で唯一の天才”だと認めたのが小野伸二。そんな小野に魅せられた選手が、今シーズン… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/03/28

「湘南はJ1に残れればいいチーム」浦和の指揮官に、敵は見えているか。

Jをめぐる冒険

「湘南はJ1に残れればいいチーム」
浦和の指揮官に、敵は見えているか。

好ゲームというのは、両チームの“共同作業”によって生まれるものだ。“主役”は勝ったチームだが、敗れたチームが“助演男優賞… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/03/11

中村憲剛「カンプノウみたい」。迫力と便利が両立の新等々力競技場。

Jをめぐる冒険

中村憲剛「カンプノウみたい」。
迫力と便利が両立の新等々力競技場。

2月21日に行なわれた川崎フロンターレ対アルビレックス新潟の練習試合に7195人もの来場者があったのは、開幕が待ち遠しかったり… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/02/27

ネルシーニョと真逆の“所信表明”。柏・吉田監督が初戦で見せたもの。

Jをめぐる冒険

ネルシーニョと真逆の“所信表明”。
柏・吉田監督が初戦で見せたもの。

新監督にとっての初戦というのは、所信表明の場だ。これから我々は、こうしたサッカーをしていく――。そんな力強いメッセージを… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/02/18

変わりたい、と願うFC東京の2人。前田遼一と平山相太が迎える正念場。

Jをめぐる冒険

変わりたい、と願うFC東京の2人。
前田遼一と平山相太が迎える正念場。

10代の頃からよく知る友人の変化を、FC東京の石川直宏は感じ取っていた。「自分のことを黙々とこなすタイプで、マイペースなとこ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/01/26

W杯落選、手術……、激動の2014年。今、中村憲剛が語る「サッカー愛」。

Jをめぐる冒険

W杯落選、手術……、激動の2014年。
今、中村憲剛が語る「サッカー愛」。

ジーンズの裾をたくしあげ、靴下をつま先まで下げると、あらわになった左足首には通常の倍ぐらいの大きさの絆創膏が貼られていた… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2014/12/30

好ゲームは決着後も“余韻”を残す。天皇杯決勝、G大阪と山形の好感。

Jをめぐる冒険

好ゲームは決着後も“余韻”を残す。
天皇杯決勝、G大阪と山形の好感。

イーブンのスタンスで見ていたはずなのに、いつの間にか片方に肩入れしていることがある。気がついたら、無意識のうちに感情移入… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2014/12/15

技術は練習から。では自信は何から?武藤嘉紀が本田圭佑に学ぶべきこと。

Jをめぐる冒険

技術は練習から。では自信は何から?
武藤嘉紀が本田圭佑に学ぶべきこと。

ルーキーのベストイレブン選出は'98年の小野伸二、'99年の中澤佑二に続いて3人目、実に15年ぶりの快挙だという。新人最多得点タ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2014/12/12

ページトップ