Jをめぐる冒険 

川崎はポジションの概念すら“壊す”。「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。

Jをめぐる冒険

川崎はポジションの概念すら“壊す”。
「DF田坂」は一見奇策、実はロジカル。

一見、奇策のようで、実は理にかなったものだった。セカンドステージ、年間順位ともに最下位に沈むアビスパ福岡を等々力陸上競技… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/09/14

柏の小さな巨人が示した川崎攻略法。155cm・中川寛斗の“気が利く守備”。

Jをめぐる冒険

柏の小さな巨人が示した川崎攻略法。
155cm・中川寛斗の“気が利く守備”。

ストップ・ザ・フロンターレ――。今シーズンのJ1リーグは、こんなキャッチフレーズで表せるかもしれない。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/08/30

興梠、塩谷、藤春それぞれの五輪。責任ではなく恩返しを見せて欲しい。

Jをめぐる冒険

興梠、塩谷、藤春それぞれの五輪。
責任ではなく恩返しを見せて欲しい。

2年半にわたった手倉森ジャパンの戦いが幕を閉じ、1週間が経とうとしている。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2016/08/19

不慣れなお立ち台と、堂々たるプレー。FC東京は室屋成の復帰を待っていた。

Jをめぐる冒険

不慣れなお立ち台と、堂々たるプレー。
FC東京は室屋成の復帰を待っていた。

プロになって初のヒーローインタビューだったにもかかわらず、ずいぶん落ち着いていて、堂々としているように見えた。今季、FC東… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/07/13

憲剛が「凄まじい」と驚く守備力。大島僚太が近づく“万能”の領域。

Jをめぐる冒険

憲剛が「凄まじい」と驚く守備力。
大島僚太が近づく“万能”の領域。

あれはリオ五輪アジア最終予選が開幕するひと月ほど前だったから、2015年12月のことになる。建て替え前のクラブハウスの一室で、… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/06/29

鹿島の“真髄”を象徴するあるプレー。浦和の流れを覆したFWのプレス。

Jをめぐる冒険

鹿島の“真髄”を象徴するあるプレー。
浦和の流れを覆したFWのプレス。

何でもないプレスのようで、鹿島アントラーズの真髄が見えた気がした。6月11日に埼玉スタジアムで行われたJ1ファーストステージ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/06/14

大久保「完敗」、小林「強かった」。川崎に完勝した浦和、遂に完成形へ。

Jをめぐる冒険

大久保「完敗」、小林「強かった」。
川崎に完勝した浦和、遂に完成形へ。

J1で首位を走っていた川崎フロンターレが、ついにリーグ初黒星を喫した。土をつけたのは昨季、無敗のままファーストステージを駆… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/04/26

CBにオーバーエイジ枠は使わせない!岩波、植田、奈良の三つ巴の行方は。

Jをめぐる冒険

CBにオーバーエイジ枠は使わせない!
岩波、植田、奈良の三つ巴の行方は。

センターバックにはオーバーエイジは必要ない――そんな心の中の叫びが聞こえてくるようだった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/04/17

風間体制5年目でついに化けた!?川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

Jをめぐる冒険

風間体制5年目でついに化けた!?
川崎フロンターレ、快進撃の秘密。

最後に首位に立ったのは2009年だったから、実に7シーズンぶりのことになる。J1ファーストステージ第3節を終えた時点で2勝1分の勝… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/03/16

G大阪と広島、今年の狙いは「中央」。サイド攻撃巧者の両クラブが進化中。

Jをめぐる冒険

G大阪と広島、今年の狙いは「中央」。
サイド攻撃巧者の両クラブが進化中。

シーズンの幕開けを告げる富士ゼロックススーパーカップは、昨季のJ1王者サンフレッチェ広島が天皇杯覇者のガンバ大阪を3-1で下… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/02/22

9得点よりもスタイルの片鱗が衝撃!城福体制のFC東京が覆した懐疑論。

Jをめぐる冒険

9得点よりもスタイルの片鱗が衝撃!
城福体制のFC東京が覆した懐疑論。

ややこわばって見えた表情が時間の経過とともに少しずつほぐれていく。終盤に河野広貴がゴールを決めたとき、そして途中交代した… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2016/02/10

中島翔哉は何故「まじめ」に?サッカー小僧を変えた'14年の出来事。

Jをめぐる冒険

中島翔哉は何故「まじめ」に?
サッカー小僧を変えた'14年の出来事。

リオ五輪アジア最終予選、延長までもつれ込んだイランとの激戦を3-0で制し、オリンピックへの出場権獲得に王手をかけた、準々決… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2016/02/07

フロンターレ史上初の日本人10番。大島僚太が五輪とJの総取りを狙う。

Jをめぐる冒険

フロンターレ史上初の日本人10番。
大島僚太が五輪とJの総取りを狙う。

1月17日に洗足学園音楽大学「前田ホール」で行なわれた川崎フロンターレの新体制発表会。招待された約1000人のサポーターが固唾… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

サッカー日本代表

2016/01/22

J3へのセカンドチーム参戦を考える。育成ルート多様化と、ベテラン問題。

Jをめぐる冒険

J3へのセカンドチーム参戦を考える。
育成ルート多様化と、ベテラン問題。

セカンドチームの指揮を任された新人監督が1年後、トップチームの指揮官に抜擢され、セカンドチームでその新人監督に1年間みっち… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/30

“美味しい時間”を譲っての12ゴール。34先発で33回途中交代した佐藤寿人。

Jをめぐる冒険

“美味しい時間”を譲っての12ゴール。
34先発で33回途中交代した佐藤寿人。

総合力の勝利――。ガンバ大阪とのJリーグ・チャンピオンシップ決勝を制したサンフレッチェ広島の優勝は、こんな風に称えること… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/08

福岡にあり、C大阪になかったもの。J1昇格は「拠りどころ」のある者に。

Jをめぐる冒険

福岡にあり、C大阪になかったもの。
J1昇格は「拠りどころ」のある者に。

J1昇格プレーオフ決勝は、両チームにとって良くも悪くも今シーズンの集大成となるゲームになった。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/07

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。CSは冷静さが問われる特別な場所だ。

Jをめぐる冒険

今野泰幸と森崎和幸の“天国と地獄”。
CSは冷静さが問われる特別な場所だ。

普通なら起こらないようなミスが、ふたつも起きた。犯したのは、経験の浅い若手選手ではなく、酸いも甘いも噛み分けたふたりのベ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/12/03

アビスパは過去の3位とここが違う!井原監督と選手の“共通意識”とは。

Jをめぐる冒険

アビスパは過去の3位とここが違う!
井原監督と選手の“共通意識”とは。

J2の3位~6位のチームによって争われ、'12年に創設されたJ1昇格プレーオフ。 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/30

浦和と川崎の“ミラーマッチ”分析。似てるのは形だけ、似てないものは?

Jをめぐる冒険

浦和と川崎の“ミラーマッチ”分析。
似てるのは形だけ、似てないものは?

鏡のようで、実は違う――。11月7日のJ1セカンドステージ16節、1-1のドローに終わった浦和レッズ対川崎フロンターレ戦は、そん… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/11

何度でも甦る鹿島、ナビスコ杯優勝。2年間の世代交代が実り、黄金期へ。

Jをめぐる冒険

何度でも甦る鹿島、ナビスコ杯優勝。
2年間の世代交代が実り、黄金期へ。

キャプテンの小笠原満男が貴賓席の前で優勝カップを掲げ、ゴール裏を真紅に染めたサポーターが咆哮する――。まるでデジャヴのよ… 続きを読む

飯尾篤史Atsushi Iio

Jリーグ

2015/11/02

ページトップ