プロ野球PRESSBACK NUMBER

「4階から飛び降りようと…」駒田徳広が苦しみ続けた“王監督への負い目”…同僚の陰口、巨人ファンからは罵声「駒田、お前はもういいよ!」

posted2024/07/06 11:01

 
「4階から飛び降りようと…」駒田徳広が苦しみ続けた“王監督への負い目”…同僚の陰口、巨人ファンからは罵声「駒田、お前はもういいよ!」<Number Web> photograph by KYODO

一本足打法の習得を断念した1985年の駒田徳広(当時22歳)。王貞治監督の期待に応えられなかった“負い目”は現役引退まで消えなかったという

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph by

KYODO

“王貞治二世”の期待を背負い一本足打法に挑戦するも、まったく結果が出ず憔悴しきっていた若き日の駒田徳広。悩み抜いた末に、死をも覚悟して王監督に一本足打法の断念を伝えることになり……。23人の「異端な野球人」に直撃した『プロ野球アウトロー列伝 異端の男たち』(大洋図書)より、一部を抜粋して紹介します。(全2回の2回目/前編へ)

「死ぬんだったら、野球なんか辞めて奈良に帰ってこい」

「若い頃の王さんが取り組んだことと同じ指導を受けました。それはとても光栄なことだったし、“王さんと同じ練習をして、同じ道を歩んでいるんだ”と考えると、嬉しさが勝りました。でも、年齢も若かったし、結果が出ないことに関してはとても苦しかったです。王さんの顔に泥を塗ることはできない。けれども、全然結果が出ない。その苦しみはずっと続きました」

 この頃、傍目にわかるぐらい駒田は憔悴していた。悲壮感を漂わせて考え込む姿は痛々しく、周囲からは「考える人」から「ロダン」とあだ名された。久しぶりに父と食事をした際には、「死ぬなよ。死ぬんだったら、野球なんか辞めて奈良に帰ってこい」と言われたこともあったという。

「でもこの頃、一人だけ僕とちゃんと向き合ってくれたのが原さんでした」

 80年ドラフト同期ながら年齢は4歳年上で、すでにスター街道を邁進していた原辰徳は、悩める駒田に言った。

「今、何も明日が見えず、本当にキツいことだと思う。でも、一つのことを信じて続けていたら、絶対に明かりが見えてくるから。オレだって、オヤジに対して“ノー”とは言えなかった。でも、それでも続けてきたから今があるんだ。やり通したら必ず何かが見えてくるから」

 胸に沁みる言葉だった。この頃、心ないコーチやチームメイトから「駒田はノイローゼだ」と揶揄されていることは自分でもわかっていたからだ。王や原の期待を背負っていることはよく理解していた。「何としてでも成功させる」、その思いで必死にバットを振り続けた。

 しかし、駒田は翌85年に一本足打法を断念することになる――。

【次ページ】 辛辣なファンの罵声「駒田、お前はもういいよ!」

1 2 3 NEXT
駒田徳広
王貞治
荒川博
原辰徳
吉村禎章
藤田元司
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ