プロ野球PRESSBACK NUMBER

パンツ一枚で日本刀を振り回し…「巨人を去った満塁男」駒田徳広はなぜ一本足打法を断念したのか? 朝方まで猛特訓も…“王貞治二世”の苦悩

posted2024/07/06 11:00

 
パンツ一枚で日本刀を振り回し…「巨人を去った満塁男」駒田徳広はなぜ一本足打法を断念したのか? 朝方まで猛特訓も…“王貞治二世”の苦悩<Number Web> photograph by KYODO

王貞治監督から一本足打法の習得を打診された1984年の駒田徳広(当時21歳)。「荒川道場」での猛特訓が幕を開けた

text by

長谷川晶一

長谷川晶一Shoichi Hasegawa

PROFILE

photograph by

KYODO

読売ジャイアンツの歴史上、ただひとり生え抜きから国内球団にFA移籍した男・駒田徳広。異端のキャリアを歩んだ「満塁男」は、若手時代に王貞治監督のもとで一本足打法の習得を目指したが、その道程は苦悩に満ちたものだった。23人の「異端な野球人」に直撃した『プロ野球アウトロー列伝 異端の男たち』(大洋図書)より、一部を抜粋して紹介します。(全2回の1回目/後編へ)

力があれば、誰にも文句は言われない

 かつて、「満塁男」として一世を風靡し、読売ジャイアンツ第52代四番打者を務めた駒田徳広。彼は、巨人の生え抜き選手で唯一、国内球団にFA移籍した男でもある。

 まだ若かった頃、当時の王貞治監督に「お前も一本足打法に挑戦してみないか?」とアドバイスを受けたものの1年で断念したこともある。

 唯我独尊、自身の考えを貫き通す孤高の男――。

 世間にはそんな印象が根強くあるように思える。

「自分の性格はワガママだけど、根は素直だと思います。たとえば、人から何か提案されて“ノー”と言ったとします。何も考えずに、ただ“ノー”と言うのなら、それはただのワガママかもしれない。でも、きちんと話を聞いた上で、“ノー”と言うなら、それはワガママではないんじゃないか? 僕は人の話を聞くのが大好きです。僕がアウトローなんじゃなく、世間がインハイすぎるんです(笑)」

 指導者や先輩など、年長者の教えが絶対的な体育会社会において、駒田の考えは異質だ。つい、「その考えを貫くのは難しくなかったですか?」と口にすると、彼は躊躇することなく言った。

「力をつければいいんです。力をつければ、みんな言うこと聞くんですよ。入団当時の藤田(元司)監督、王(貞治)監督にはとてもよくしてもらいました。でも、決して“かわいがってもらおう”と生きてきたわけじゃない。それでも面倒を見てもらえたのは、野球が好きで一生懸命だったから。そして、チームや監督に対する忠誠心があったからだと思うんです」

【次ページ】 「誰からも注目されない」県立高校から巨人に入団

1 2 3 NEXT
駒田徳広
王貞治
荒川博
藤田元司
近藤昭仁
中畑清
読売ジャイアンツ

プロ野球の前後の記事

ページトップ