サッカー日本代表PRESSBACK NUMBER

「えっ!アサノってアーセナルにいたあのアサノ?」日本代表“歴史的番狂わせ”に英国メディアも驚いた…超辛口解説者が絶賛「モリヤスは素晴らしい」

posted2022/11/24 17:22

 
「えっ!アサノってアーセナルにいたあのアサノ?」日本代表“歴史的番狂わせ”に英国メディアも驚いた…超辛口解説者が絶賛「モリヤスは素晴らしい」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto/JMPA

後半12分に投入された浅野拓磨が逆転ゴールを決めた。ドイツ相手の“歴史的番狂わせ”にサッカーの母国・イギリスメディアも驚いた

text by

田嶋コウスケ

田嶋コウスケKosuke Tajima

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto/JMPA

日本代表が優勝4回を誇るドイツ代表を2-1で撃破した“大番狂わせ”。「アンビリーバボー!!」…サッカーの母国イギリスのメディアでも驚きの声が相次いだ。現地在住の筆者が綴る。

「アンビリーバボー!! アーンビリーバボー!! あぁ、なんてことだ。絶対に信じられない。素晴らしいランに、素晴らしいトラップ、そして素晴らしいシュート。センセーショナルなゴールだ」

 W杯カタール大会のドイツ対日本戦で浅野拓磨が逆転ゴールを叩き込むと、テレビ中継の解説を務めた元スコットランド代表FWのアリー・マッコイスト氏が声をからしながら絶叫した。

 英テレビ局ITVのアナウンサーが「我々の周りにいるドイツ人ジャーナリストが全員、怒りを爆発させて腕を振り上げています」と応えると、マッコイストは「日本のマジックだね」と笑った。

 さらに試合が2−1で日本の逆転勝利に終わると、マッコイストは日本代表に称賛の言葉を並べ始めた。

「凄まじい夜だ。なんとブリリアントな(輝かしい)後半だったのだろう。本当に楽しい試合だった。この場所にいられたことを光栄に思う」

“超辛口”なロイ・キーンが「日本の監督は素晴らしい」

 映像がスタジアムの室内スタジオに切り替わった後も、解説陣は日本の劇的な勝利に興奮を抑えられない様子だった。早口で語り始めたのは、総合解説を務めたロイ・キーン氏である。

 キーンは、アレックス・ファーガソンが率いたマンチェスター・ユナイテッドで1997~05年に主将を務めたレジェンド。現在は解説者を務めており、忖度ナシの超辛口な批評が売りだ。普段なら勝利チームに対しても厳しい批評をする51歳のアイルランド人だが、この日ばかりは日本代表の奮闘を手放しで褒めた。

「アメイジング。日本代表は勝利に値した。2つのゴールは本当に最高だった。(司会者:4年前のロシアW杯でも日本代表はベルギーから2点のリードを一時奪うなど善戦しています。この勝利も突然降って湧いたわけではありません) いやいや、もちろん突然降ってきたわけではない。だが、相手はドイツだ。しかも今回のドイツは、4年前のW杯で初戦を落とし、その失敗から学んでいる。以前より強さは増しているだろう。そのドイツに1点リードされた。そうなると、勝利の道は本当に長くなる。険しいよ」

 キーンが特に褒めていたのが森保監督だった。後半頭にシステムを4バックから3バックに変更して試合の流れを変え、さらに浅野と三笘薫の投入で流れを一気に自分たちに引き寄せた。その采配が決め手になったと、次のように語った。

【次ページ】 ロイ・キーン「日本の監督が素晴らしい」

1 2 3 NEXT
浅野拓磨
堂安律
アーセナル
冨安健洋
鎌田大地
吉田麻也
久保建英
伊東純也
遠藤航
長友佑都
ドイツ代表
南野拓実
三笘薫
権田修一
板倉滉
ロイ・キーン
マンチェスター・ユナイテッド
アーセン・ベンゲル
カタールW杯

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ