スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

JKとエディーは似ている!? 畠山健介が視た“革命期の日本ラグビー”と南ア撃破後の空席「あれから、ラグビーが面白いと思ったことはない」 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAkio Hayakawa/AFLO

posted2022/06/22 11:01

JKとエディーは似ている!? 畠山健介が視た“革命期の日本ラグビー”と南ア撃破後の空席「あれから、ラグビーが面白いと思ったことはない」<Number Web> photograph by Akio Hayakawa/AFLO

史上最大のアップセットと呼ばれた南アフリカ戦など、日本ラグビーの進化を世界に見せつけた2015年W杯。畠山は堀江翔太(右)らとセットピースで抜群の存在感を放った

 南アフリカ戦の最後の最後、ペナルティを得たところで主将のリーチがスクラムを選択したのは、ジョージア戦で得た自信があったからに他ならない。

 その運命の南アフリカ戦、あの試合に臨む心境を畠山はこう振り返る。

「清水の舞台から飛び降りる。本当にそんな心持ちでした」

 手にした劇的勝利。結果的に3勝1敗でワールドカップを終え、日本代表はラグビーブームを列島に巻き起こした。

 出発時には見送りもまばらだったが、帰国時にはファン、そして報道のカメラがあふれた。

 ところが——。

 サントリーに戻って迎えた11月13日のトップリーグの開幕戦、パナソニック戦でスタンドを見た畠山は呆然とする。

 観客は1万792人。チケットは完売と伝えられていたが、どういうわけか空席が目立っていた。

 畠山はいう。

「あれから、ラグビーが面白いと思ったことはありませんでした」

(続く)

#3に続く
「ラグビーは大好き。でもラグビー界は好きじゃない」畠山健介はなぜ軋轢を恐れず発言してきたのか…今後は“スクラムの調律師”に?

記事内で紹介できなかった写真が多数ございます。こちらよりぜひご覧ください。

関連記事

BACK 1 2 3 4
畠山健介
ジョン・カーワン
エディー・ジョーンズ
堀江翔太
ホラニ龍コリニアシ
ジャスティン・アイブス
リーチ マイケル
小野晃征
日和佐篤
廣瀬俊朗
マルク・ダルマゾ
東京サントリーサンゴリアス
ラグビーワールドカップ

ラグビーの前後の記事

ページトップ