フランス・フットボール通信BACK NUMBER

「頼むから足を切ってくれ」EUROでもCLでも怪我に泣いたデブライネが、それでもストレスゼロで戦い続けられる理由 

text by

フランス・フットボール誌

フランス・フットボール誌France Football

PROFILE

photograph byL’Équipe

posted2021/12/07 17:03

「頼むから足を切ってくれ」EUROでもCLでも怪我に泣いたデブライネが、それでもストレスゼロで戦い続けられる理由<Number Web> photograph by L’Équipe

ベルギー代表でも司令塔として活躍。EURO2020では決勝トーナメント進出に貢献した(準々決勝でイタリアに敗退)

「あまりそのことは考えないようにしている。もしも僕がCL決勝で負傷することなく、素晴らしいパフォーマンスで試合にも勝っていたら……。すべてはプレーできなかった30分間で決まったというのか? シーズンに70試合もフル出場しているのに。だが何ごともそんな風にして決まっていく。誰もがどの選手に票を入れるかそれぞれの理由を持っている。僕にできることと言えば、今の自分のレベルを維持していくことだけだ。自分に投票権がなくてホッとしているよ。メルシー(笑)」

――それでは現在の選手のヒエラルキーのなかで、あなたはどの位置に入るのでしょうか。トップ10ですか、それともトップ5かトップ3でしょうか?

「このところずっと調子がいい。トップ5と言えるだろうか……。たぶんトップ5だろう。CLで優勝していたら、誰もが僕をトップ5に入れただろう」

僕は自分自身に満足している

――リストのトップに来ることはありませんか……。

「わからない。僕はプレミアリーグでもCLでも悪くなかった。EUROも出場時間は短いが出来は良かった。そんな選手には多少なりともチャンスはあるだろう。

 いずれにせよこの数年間の自分のプレーには満足している。2014年にヴォルフスブルクに加入して以降、僕は落ち込むことなくそれなりのレベルをずっと維持している。その点は満足だ」

――数字は情け容赦ないランクづけをします。あなたが期待されるのも、あなたの残した数字に価値があるからで、最新の契約もそれをもとに結ばれました。

「弁護士と父が交渉に関わっている。数字を引き合いに出すのは他の選手との比較ができるからだ。しかしそれは同時に僕の引退後のキャリアにおいても意味がある。さらに言えば、感情がベースになっているサッカーの世界で、合理性に依拠するのも悪いことではない。数字を示すことで何かを証明したいわけでもないし、クラブに圧力をかけるつもりもない。僕は自分自身にずっと以前から満足しているし、自分が恵まれているとも感じている」

#1から読む「実際、完成された選手になった」自信を隠そうとしない欧州屈指の司令塔・デブライネが明かす想像力の源泉

関連記事

BACK 1 2 3 4 5
ケビン・デブライネ
マンチェスター・シティ
ジョゼップ・グアルディオラ
欧州チャンピオンズリーグ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ