酒の肴に野球の記録BACK NUMBER

プロ野球「5シーズン本塁打番付」 日本人横綱は王さんで大関ノムさん、外国人横綱や現役で名を連ねるのは誰? 

text by

広尾晃

広尾晃Kou Hiroo

PROFILE

photograph byKoji Kakuta/Kou Hiroo

posted2021/05/03 17:02

プロ野球「5シーズン本塁打番付」 日本人横綱は王さんで大関ノムさん、外国人横綱や現役で名を連ねるのは誰?<Number Web> photograph by Koji Kakuta/Kou Hiroo

王貞治、野村克也は上位5年間の合計本塁打数もすごい。ではそれ以外のスラッガーや外国人横綱は?

殿堂入り選手を見てみると明らかな違いが

 なお番付中央の下段には“番外編”として、この記録のMLB3傑も掲げた。

 1位はマーク・マグワイア。史上初めて70本塁打を記録。2位はマグワイアと本塁打を競ったサミー・ソーサ。そして3位にベーブ・ルースとなっている。

 MLB記録の73本塁打を記録したバリー・ボンズは5年間では259本塁打。73本を打った2001年を除けば50本塁打以上打ったシーズンはない。

 マグワイア、ソーサ、ボンズは、薬物疑惑で騒がれた。つまり“オーガニック”な打者としては今もベーブ・ルースが1位だと言えよう。

 番付では「殿堂入り選手」を薄緑色で表示している。東にはたくさん薄緑色の選手がいるが、西は皆無。プロ野球の評価は本塁打だけではないが、外国人選手は、日本野球に豪快な魅力を付加してきた。そろそろ歴史的な評価をしてもらえれば――と筆者は願っている。

(外部サイトでご覧の方は関連記事より番付表をご覧になれます)

関連記事

BACK 1 2 3 4
王貞治
野村克也
落合博満
山本浩二
大杉勝男
清原和博
小笠原道大
掛布雅之
タフィ・ローズ
アレックス・カブレラ
タイロン・ウッズ
ランディ・バース
中村剛也
ラルフ・ブライアント
アレックス・ラミレス
ブーマー・ウェルズ
ウラディミール・バレンティン
ブランドン・レアード
山田哲人
長嶋茂雄
トニー・ソレイタ
ウォーレン・クロマティ
山川穂高
柳田悠岐
浅村栄斗
中田翔
ネフタリ・ソト

プロ野球の前後の記事

ページトップ