欧州サッカーPRESSBACK NUMBER

王者マンUの牙城が崩れた2010年代。
シティとリバプール台頭。今後は?

posted2020/05/26 18:00

 
王者マンUの牙城が崩れた2010年代。シティとリバプール台頭。今後は?<Number Web> photograph by Getty Images

2019-20シーズンのリバプールは中断前、圧倒的な強さを見せた。南野拓実も加わったチームは今後どのような道筋を歩むのか。

text by

粕谷秀樹

粕谷秀樹Hideki Kasuya

PROFILE

photograph by

Getty Images

 2010年からの10シーズンも、プレミアリーグはマンチェスターが話題の中心だった。しかし、メインキャストは赤から青へ、ユナイテッドからシティへと変わっていた。

 では、2010-11シーズンからアレックス・ファーガソン監督がユナイテッドを退任するまでの3年間を、シティとの主な獲得選手で比較してみよう。

◆ユナイテッド
〈2010-11〉
 クリス・スモーリング
 ハビエル・エルナンデス

〈2011-12〉
 ダビド・デヘア
 フィル・ジョーンズ
 アシュリー・ヤング

〈2012-13〉
 香川真司
 ロビン・ファンペルシ

◆シティ
〈2010-11〉
 アレクサンダル・コラロフ
 ヤヤ・トゥーレ
 ダビド・シルバ
 ジェイムズ・ミルナー
 マリオ・バロテッリ

〈2011-12〉
 ガエル・クリシ
 サミ・ナスリ
 セルヒオ・アグエロ

〈2012-13〉
 ハビ・ガルシア

 成功例はシティの方が圧倒的に多い。『ADUG』(アブダビ・ユナイテッド・グループ)の買収によって、莫大な補強費が約束されたからだ。

ふところを優先したユナイテッド。

 一方、ユナイテッドはオーナーのグレイザー・ファミリーが、このクラブを買収する際に多額の借財をしていたため、移籍市場に大金を投下できなかった。そのくせ役員報酬の減額には応じない。ユナイテッドよりも自分のふところを優先したのである。

 しかも強化の実権が、ビジネスマンのエド・ウッドワードに委ねられた。

 スポンサーとの契約は得意にしているが、移籍市場ではずぶの素人だ。対するシティはフェラン・ソリアーノCEOとディレクターのチキ・ベギリスタインが交渉窓口だ。サッカーの世界で多岐にわたる人脈を築いてきた2人である。相手になるはずがない。

【次ページ】 ファギー去りし後のシティ隆盛。

1 2 3 4 NEXT
マンチェスター・ユナイテッド
デイビッド・モイーズ
ルイス・ファンハール
ジョゼ・モウリーニョ
香川真司
マンチェスター・シティ
ジョゼップ・グアルディオラ
リバプール
ユルゲン・クロップ
南野拓実
オレ・グンナー・スールシャール

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ