スポーツ百珍BACK NUMBER

リバプールでの出場試合、得点……。
南野拓実、どれほどの数字なら合格? 

text by

茂野聡士

茂野聡士Satoshi Shigeno

PROFILE

photograph byLiverpool FC/ Getty Images

posted2020/01/01 08:00

リバプールでの出場試合、得点……。南野拓実、どれほどの数字なら合格?<Number Web> photograph by Liverpool FC/ Getty Images

2019年12月31日、南野はリバプールでの初練習に臨んだ。サラーらとてつもなく厚い選手層のなかで存在感を発揮できるか。

オリジはここ一番で大仕事をする印象。

 オリジはフィルミーノの1季前の加入で、ヴォルフスブルクへの期限付き移籍を経験している。ただし今季、開幕戦で先発してゴールを決めただけでなく、エバートンとのマージーサイドダービーで2ゴールを決めている。

 そして昨季はCL準決勝バルセロナ戦で値千金のゴールを決めるなど、ここ一番で大仕事をする印象が強い。

 一方のスイス代表の実力者シャキリは昨シーズンこそ出場機会が多かった。しかし今シーズンは9月から10月にかけてふくらはぎを負傷して戦線離脱。12月はリーグ戦2試合に先発したが正念場と言える。

 ザルツブルク時代に南野とチームメイトだったケイタもララーナ、チェンバレンとの争いを強いられており、ここでもやはりリバプールの選手層が分厚いことを実感する。

 なお今季ここまで、3人のリーグ戦でのスタメン率はオリジが24%、シャキリが12%、ケイタが6%。3トップの壁が分厚い中で、オリジは4試合に1回は先発チャンスをもらえている。

 プレミアでオリジくらいの先発機会を得られれば、相当認められていることになるだろう。

15試合3得点2アシスト、出場時間600~700分。

 強力3トップと多士済々のMFが居並び、なおかつ冬加入の1年目――。

 各選手の数字を踏まえると、南野は残りシーズン半分でリーグ戦やCL、FA杯で「15試合3得点2アシスト、出場時間600~700分」くらいなら、十分活躍したといえそうだ。もちろん、メガクラブとの直接対決やタイトルマッチで大仕事をすれば、さらにプラスの印象を与えることになる。

 1年目から圧倒的な結果を残せば、聖地アンフィールドに駆けつけるサポーターのアイドルになるのは間違いない。

 ただそうでなくても熱血かつ聡明なクロップ監督、そして熱くもファミリー的な雰囲気があるファンなら、2019-20シーズンは「順応期間」と見てくれるはず。

 もちろん南野はプロのフットボーラーである。「前線の便利屋」で終わるつもりは毛頭ないだろう。だからこそぜひ気負うことなく、それと同時に野心を持って――世界最強クラブでの冒険を思う存分エンジョイしてほしい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
南野拓実
リバプール
ユルゲン・クロップ
ロベルト・フィルミーノ
モハメド・サラー
サディオ・マネ
ディボク・オリジ
ジェルダン・シャキリ
ナビ・ケイタ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ