バスケットボールPRESSBACK NUMBER

バスケW杯へ、海外挑戦で得た覚悟。
比江島慎「代表に捧げているんです」
 

text by

石川歩

石川歩Ayumi Ishikawa

PROFILE

photograph byKiichi Matsumoto

posted2019/08/23 20:00

バスケW杯へ、海外挑戦で得た覚悟。比江島慎「代表に捧げているんです」<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

八村、渡邊といった新たな得点源となるプレーヤーが加わる中で、比江島(右から2人目)のチーム内での役割もいま大きく変わろうとしている。

「今は、だいぶんイイっす、イイんすよ」

 ブレッツ移籍から走り続けてきた比江島は、このタフな1年間で何を学び、得たのか?

「いろんな経験をしてきたので、今は余裕を持ってプレーできていると思います。ブレッツ、ブレックス、ペリカンズそれぞれにディフェンスは違うし、実際にやってみたからこそ、ロスのないボールリリースとか、もっとクリアなステップの踏み方など、大きな相手に対してどんなふうに攻めたらいいのか分かった。

 なによりも、レベルの高いところでやると自信になります。W杯(2次予選アウェーの)イラン戦も、言い方は悪いけれど、オーストラリアの高いレベルでやったからこそ『こんなやつらに負けるわけがない』、『僕を抑えられるわけがない』って思えたんです」

 海外で様々な経験を積んだからこそ得られる自信がある。自分は海外を相手に戦えるのだという自信が成長につながり、それが日本代表のためになる。その自信が、比江島に変化をもたらしているのに違いない。

 だが、気負いのない表情の理由は、もう1つあった。

「日本代表として国を背負う重圧があって、たぶんみなさんが思っているよりもそれを背負ってきたというか……、僕の中では責任を持ってやってきました。

 今回、2人の現役NBA選手が入ってきてくれたので、少し肩の荷をおろすというか、もちろん日本代表を背負う気持ちは忘れていないし、責任を持って戦うのですが、以前よりはリラックスしている状態です。今は、だいぶんイイっす、イイんすよ(笑)」

代表は目標であり、道しるべ。

 すっきりと前を向いて歩き出した比江島の目の前に、まずは1年間の集大成ともいえるW杯がある。

「日本代表は、プロバスケ選手をやっている以上はそこを目指さないといけないものだと思うし、そこに選ばれるために、そして、選ばれたら結果を出すために、Bリーグや海外で成長しないといけないと思う。代表になったら、いろんなプレッシャーや責任を背負わないといけないけれど、海外の選手と試合ができる場はなかなかないので、プレーをしていて楽しいです。

 僕にとって代表は、目標だし、道しるべみたいなもの。来年のオリンピックまでは、代表活動を中心にしっかり考えながらやっていきたいと思っています。僕は日本代表のために、今の人生を捧げているんです」

 日本はW杯1次ラウンドで、トルコ、チェコ、アメリカと対戦する。この1年間、自分で選んだ海外挑戦の道を信じてやり抜いた比江島は、すべてをかけて試合に臨む。

 八村にマークが集中したときは点取り屋になる。日本が高さで劣るなら磨いてきた突破力でボールを運び、八村・渡邊・ニックとのケミストリーで得点する。

 そんな覚醒した比江島のプレーがW杯で見たい。そう願っているファンは多いはずだ。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3 4 5
比江島慎
八村塁
渡邊雄太
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後の記事

ページトップ