バスケットボールPRESSBACK NUMBER

バスケW杯に富樫勇樹はいない。
司令塔の穴埋める「守備」への意識。

posted2019/08/20 20:00

 
バスケW杯に富樫勇樹はいない。司令塔の穴埋める「守備」への意識。<Number Web> photograph by Kiichi Matsumoto

8月12、14日に行われたニュージーランドとの強化試合では2戦とも先発PGとして出場した篠山竜青。“富樫不在”の穴を埋める活躍に期待がかかる。

text by

ミムラユウスケ

ミムラユウスケYusuke Mimura

PROFILE

photograph by

Kiichi Matsumoto

 大きく膨らんだ期待の陰に、不安要素は存在する。しかし、そこに目が向けられることはあまりない。

 9月1日のトルコ戦から中国W杯の戦いをスタートするバスケットボール日本代表では、渡邊雄太と八村塁のNBAコンビが昨年9月以来となる代表に戻ってきたことばかりがフィーチャーされる。2人の成長があるからこそ、これほどまでに大きな期待がうずまいているのだ。

 ただ、忘れてはならないことがある。

 昨シーズンのBリーグMVPで、リーグ史上初の1億円プレーヤーにとなるほどの実力の持ち主である富樫勇樹が、7月の代表合宿中に右手を骨折。W杯への出場は叶わなくなってしまったのだ。

 5月にBリーグのシーズンが幕を閉じると、富樫はアメリカや沖縄にわたり、積極的な自主トレに励み、W杯への準備に余念がなかった。司令塔のPG(ポイントガード)として、これまでチームを引っ張ってきた責任感は、その精力的なトレーニングとなって表れていた。

富樫不在のPG候補は4人。

 では、その富樫の怪我により、ぽっかりと空いた“穴”はいかにして埋めていくべきなのだろうか。

 8月、日本代表はすでに終わったニュージーランドとのテストマッチ2試合を含め、中国W杯を控えて5試合の強化試合を戦う。その5試合を戦った候補メンバーの中から、W杯本大会に出場する12人のメンバーが選ばれるが、そのなかに現段階ではPGの候補が4人いる。

 篠山竜青、安藤誓哉、ベンドラメ礼生というPGを本職とする3選手と、アルバルク東京ではシューティングガード(SG)として登録されている田中大貴の計4人だ。

 2018年以降はキャプテンを任され、W杯予選で富樫が欠場した試合ではスターティングメンバ―に名を連ねていた篠山と、SGとしてもプレーできる田中はすでに当確と言っていいだろう。そのうえで、残り1枠を安藤とベンドラメが争う状況にある。

【次ページ】 長身PGに対抗する田中の起用。

1 2 3 4 5 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

富樫勇樹
篠山竜青
田中大貴
渡邊雄太
八村塁
東京五輪
オリンピック・パラリンピック

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ